神奈川県における早期の薬剤処方の推進について

掲載日:2021年9月16日

神奈川県では、重症化の予防と自覚症状の改善を図るため、症状に応じた早期の薬剤処方を推進しています。

新着情報

令和3年9月16日 「早期薬剤処方指針ver3.0」を発出するとともに、本日以降は「ステロイド非処方段階」にあることを決定しました。
令和3年9月16日 「早期薬剤処方指針に関する質疑応答集」(第2版)を発出しました。
令和3年9月3日「早期薬剤処方指針ver2.0」を発出しました。
令和3年8月20日 神奈川県医師会長・神奈川県病院協会長・神奈川県知事の3者連名の通知及び「早期の薬剤投与の推進についてver.1」を発出しました。

有症状者へのルーティン処方(対症療養薬)

最初の診断時に患者が有症状であった場合、次の表を参考に、症状に応じた7日間の薬剤の処方について考慮していただきますようお願いします。

 
症状
処方例
(1)
発熱、頭痛、
咽頭痛、関節痛
解熱鎮痛剤 アセトアミノフェン 500mg~1,000mg/回 3~4回/日
*発熱・咽頭痛は上限500mg、頭痛・関節痛は上限1,000mg
(2)
鎮咳剤 デキストロメトルファン 15mg/回 4回/日
*咳の症状が強いことが多いので下記積極的に
コデインリン酸塩錠 5mg(※)×4錠/回 3回/日
コデインリン酸塩散1%(※) 2g(20mg)/回 3回/日
※ コデインリン酸20mg錠及びコデインリン酸塩散10%は麻薬となるので、麻薬小売業者の免許のある薬局でのみ調剤可能であることから、可能な限り、5mg錠または1%散を処方してください。
(3)
悪心、嘔吐
制吐剤 メトクロプラミド 10mg/回 2~3回/日

 

 ステロイドの事前処方

※「ステロイド処方段階」の導入について

令和3年9月16日に改定した「早期薬剤処方指針 ver3.0」において、ステロイドを事前処方する段階を明確化しました。

令和3年9月16日以降はステロイド非処方段階です。

今後、再度ステロイドを事前処方する必要があると県が判断した場合、「ステロイド処方段階」に移行する旨、県内医療機関に周知します。

ステロイドの事前処方

  • 肺炎は急速に増悪する可能性があるので、ステロイドを適切なタイミングで投与することができるよう、あらかじめ処方しておく。
  • 下記の条件を満たすなど即時投与するべきと判断した場合を除き、「医師から指示があるまでは服用しないこと」を処方時に患者に指導する。
肺炎が疑われ、糖尿病・耐糖能異常がない場合※
デキサメサゾン(デカドロン®、デキサート®)
6mg/回 1回/日(内服、静注) 10日間
または、
プレドニゾロン 40mg(20-10-10/日)

※デキサメタゾンまたはプレドニゾロン処方までの流れ
SpO2が正常でない(96未満)または、発熱が3日以上継続

糖尿病・耐糖能異常がないことを問診で確認

処方

(注意)
・消化性潰瘍の既往がある場合や、解熱鎮痛目的にNSAIDsを使用した場合には、消化性潰瘍予防として、プロトポンプ阻害薬併用を考慮する。
・40kg未満の小児等では、デキサメサゾン0.15mg/kg/日への減量を考慮
・妊婦・授乳婦にはデキサメサゾンは使用しない。プレドニゾロン40mg/日を考慮する。

ステロイド投与開始のタイミングについて(医師の判断・裁量が優先)

投与開始の目安

開始時期 少なくとも発症から4日以前は避ける
酸素飽和度
(SpO2)
SpO2≦93
94≦SpO2≦95で右記の場合は、投与を考慮

・SpO2が体動で93%以下に下がる場合や、経時的低下傾向
・CT検査での高度の肺炎像がある
・発熱の継続や高度の咳嗽

フォローアップ体制について

  • 投与開始後において、病態変化、せん妄などの副作用が発生していないか等について、患者に観察を行う。
  • なお、「診療の手引き5.3版(厚生労働省)」でも、必ず当日または翌日中に、対面診療または電話・オンライン診療によりフォローアップを行うこととされている。

投与開始の判断・指示

  • パターン1 地域療養医師【地域療養の神奈川モデル実施地域
  • パターン2 県庁本部室の医師
  • パターン3 地域の医師【処方医・かかりつけ医等】:上記のフォローアップ実施必要。また、投与の指示を行った場合は、管轄の保健所に必ず報告してください。

ステロイド投与患者に係る療養解除の基準

  • ステロイド投与中に発症から10日目を迎えても、療養を継続し、ステロイド投与10日目に療養終了の判断を行う。

質疑応答集

参考資料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa