更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

新型コロナ 感染への備え

新型コロナ感染への備えとして必要な物品および、症状が現れた際に、抗原検査キットを使用して行うセルフテストについて掲載しています。

1 感染への備え

1 あらかじめ準備しておくこと

備蓄の用意のイメージ

自らが感染した時に備え、あらかじめ市販の解熱剤や咳止め等薬や、最低3日分の食料(親族からの協力やネット通販の利用等ができない方は10日分)、1人2個以上の医療用抗原検査キットを準備しましょう。

家庭内の感染対策のイメージ

家庭内でもマスクを着け、消毒が出来るよう、人数分のマスクやアルコール消毒液を準備しましょう。家族に感染者が発生した時に備え、家の中での感染者の隔離方法もあらかじめ検討してください。

セルフテストのイメージ

症状が現れた場合は、お手元の抗原検査キットを使用してください。

2 セルフテストで陽性が判明した時は

陽性時に医療機関を受診しなければならない方

65歳以上のイメージ

65歳以上

重症化リスク因子ありのイメージ

40歳から64歳までで重症化リスク因子あり

2歳以下のイメージ

2歳未満

妊娠している(可能性含む)のイメージ

妊娠している(可能性含む)

65歳以上の方、40歳から64歳までで重症化リスク因子がある方、2歳未満の方、妊娠している(妊娠の可能性がある)方がセルフテストを行い、陽性が判明した場合は、必ず医療機関を受診してください。受診できる医療機関については、発熱診療等医療機関のページをご覧頂くか、各自治体のコロナ専用窓口にお問合せください。

関連リンク ご家庭には必ず医療用抗原検査キットを常備しましょう!

陽性時に自主療養をお選び頂ける方

自主療養

2歳から39歳までの方、40歳から64歳までで重症化リスク因子がない方、妊娠していない方がセルフテストを行い、陽性が判明した場合は、自主療養を選択することができます。
自主療養については、「自主療養について」をご覧ください。

このページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。