ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 感染症・病気 > 感染症・病気の随時提供情報 > 新型コロナウイルス感染症対策ポータル > 年末年始の医療提供体制の確保に向けた協力金(医療機関分)

更新日:2022年1月13日

ここから本文です。

年末年始の医療提供体制の確保に向けた協力金(医療機関分)

新型コロナウイルス感染症については、現在、国内の感染状況は落ち着いた状況にありますが、年末年始に向けて人流の増加が想定されるとともに、感染拡大が懸念される新たな変異株の出現など、予断を許さない状況となっています。

こうした中、年末年始の期間においても地域で必要な医療提供体制が確保できるよう、発熱診療等医療機関の皆さまには何卒御理解、御協力を賜りたく、このたび御協力いただける発熱診療等医療機関に協力金を支給させていただくこととしましたのでお知らせします。

なお、薬局分につきましては年末年始の医療提供体制の確保について(薬局分)(別ウィンドウで開きます)をご確認ください。

新着情報

令和4年1月13日

年末年始期間中における協力金の申請について掲載しました。

令和3年12月29日

年末年始に稼働する発熱診療等医療機関一覧等を公表しました。
令和3年12月8日 ホームページを開設しました。

 

年末年始の医療提供体制等について

年末年始(令和3年12月29日(水曜日)から令和4年1月3日(月曜日)までの期間)期間の終了に伴い、発熱患者の診療等に御協力いただいた発熱診療等医療機関等の公表については終了しました。

支給対象医療機関

  • 県の指定を受けた「発熱診療等医療機関」(相模原市管内の発熱診療等医療機関を除く)

※相模原市でも同様の事業を実施しておりますので、相模原市内の発熱診療等医療機関におかれましては、相模原市からの案内(別ウィンドウで開きます)をご確認ください。

支給要件等

対象期間

  • 令和3年12月29日(水曜日)から令和4年1月3日(月曜日)の6日間

支給要件

  • 県から指定を受けた発熱等診療医療機関(指定医療機関)であること
  • 午前7時から午後11時の間で、1日あたり合計4時間以上、発熱患者の診療を実施する体制を確保
  • 県から指定を受けた発熱診療等医療機関であれば、上記期間に在宅で発熱患者の診療を行う場合も同様に協力金の支給対象となります(4時間以上の稼働が要件)

支給額

  • 発熱患者の診療を実施する体制を確保した場合
    1日あたり5万円(日数に応じて支給)
  • 上記に加えて新型コロナウイルス感染症の検査を行った場合
    1日あたり5万円を加算

 ※検査に対する協力金の支給を受けるには、G-MISへの入力が必要となります。

稼働予定日等の申告

  • 年末年始の稼働体制については10月12日付けで照会させていただいたところですが、協力金の支給を希望する医療機関は、別途メール又は郵送にてご案内させていただいております事前申告(インターネット上の入力フォーム)に御回答下さいますようお願いいたします。
  • 回答期限
    令和3年12月19日(日曜日)

申告の内容の共有について

  • 事前申告いただいた内容は、新型コロナウイルス感染症コールセンター、保健所、医師会などの関係機関と共有させていただきます。

医療機関情報の公表について

  • 令和3年10月12日にお送りした「診療報酬上の特例的な対応等に伴う意向調査について」に御回答いただいている発熱診療等医療機関におかれましても、協力金の受給や年末年始期間中に二類感染症患者入院診療加算(250点)を算定するためには、改めて事前申告に回答いただく必要がありますので、ご注意ください。
  • 上記を希望される場合、「医療機関名」、「所在地(市区町村まで)」、「最寄り駅」、「対応可能患者」及び「実施内容」に加えて別途選択いただいた項目を県のホームページ等で公表させていただきます。
  • これらを希望されない発熱診療等医療機関の情報は、一般には公表しません。

問い合わせ先

  • 神奈川県 健康医療局 医療危機対策本部室 感染症対策グループ
    045-210-4791(直通)

よくある質問(FAQ)はこちら

(New!)年末年始期間中における協力金の申請について

令和3年12月29日(水曜日)から令和4年1月3日(月曜日)までの間に、年末年始期間中の医療提供体制の確保事業の実績がある医療機関におかれましては、電子メールでご案内しております事務連絡【年末年始期間中における協力金の申請について(依頼)】に記載のインターネット入力フォームから申請いただきますようお願いします。

なお、検査実績については、G-MISに入力いただいている検査件数を確認させていただきます。

実績報告回答期限

令和4年1月24日(月曜日)

回答方法

パソコンまたはスマートフォンにて、事務連絡に掲載のURL又はQRコードから、インターネット入力フォームにアクセスし、1月24日(月曜日)までに申請をお願いします。

 

よくある質問(FAQ)(発熱診療医療機関への協力金関係)

質問  医師複数名で複数レーン数を設ける場合、稼働時間は4時間に満たなくても良いか。
回答

4時間以上の稼働が要件となるため、協力金の支給対象とはなりません。

質問  訪問診療のみを行う場合でも、協力金の支給対象となるのか。
回答

4時間以上稼働いただく場合は、協力金の支給対象となります。

質問  対応可能患者はかかりつけ患者のみでも、協力金の支給対象となるか。
回答 協力金の支給対象となります。
質問  新型コロナウイルス感染症の検査を実施する予定でいるが、抗原簡易キットの使用でも5万円の加算の対象となるか。
回答 対象となります。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。