更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

新型コロナ 神奈川県における治験の取組

国内で行われる新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬の治験に対し、神奈川県が治験事業者へ行っている支援の内容を紹介します。

治験のイメージ

治験とは

製薬会社が研究を通じて見つけた「くすりの候補」の効果や安全性を調べるために、開発の最後の段階で健康な人や患者さんに投与する試験のこと。

1 治験に関する県の取組み

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬を開発している塩野義製薬株式会社及び興和株式会社に対し、次の協力を行っています。

施設のイメージ

1 宿泊療養施設の一部で治験実施に協力

県が療養者向けに確保している宿泊療養施設の一部に治験事業者が駐在し、入所中の療養者が治験を希望した場合に速やかな治験実施ができるよう協力しています。

コールセンターのイメージ

2 治験に関心のある療養者に治験コールセンターを紹介

検査を受けた方に入力いただく「療養のための質問票」で治験に関心があると回答した方に、厚生労働省のホームページをご案内しています。治験を希望される場合は、ホームページに記載のコールセンターに相談頂きます。

情報提供のイメージ

3 治験に関心のある療養者の情報を治験事業者に提供

治験事業者が治験を希望する方に直接治験を案内できるよう、2022年3月4日以降、「療養のための質問票」で治験に関心があり、かつ情報の提供に同意すると御回答いただいた方の情報を、治験事業者に順次提供しています(注意)。

(注意)治験事業者への情報提供について令和4年3月30日に神奈川県情報公開・個人情報保護審査会へ諮問し、同日に同会から当該要配慮個人情報の取扱について適当なものと認めるとの答申を得ています

2 県の宿泊療養施設で実施している治験の内容

県の宿泊療養施設で実施している新型コロナウイルス感染症治療薬の治験では、薬剤を飲んで頂いた上で医師の診察・問診、PCR検査、血液検査、バイタルサインなどを調べます。また、患者ご自身で患者日誌の記録をつけていただきます。

その他、製薬会社ごとの薬の種類と参加条件の違いは、次のとおりです。

  塩野義製薬株式会社 興和株式会社
薬剤の種類 新型コロナウイルス感染症の治療薬として開発中の錠剤1日1回5日間服用します。
見た目にはわかりませんが、有効成分が含まれている薬剤と含まれていない薬剤(プラセボ)があります。
新型コロナウイルス感染症の治療薬として開発中の錠剤1日1回3日間服用します。
見た目にはわかりませんが、有効成分が含まれている薬剤と含まれていない薬剤(プラセボ)があります。
参加条件
  • 宿泊療養施設入所対象者
  • 12歳以上69歳までの方
  • 治験参加時から120時間(5日)以内にPCR検査・抗原検査で新型コロナウイルス陽性と診断された方
  • 無症候あるいは軽症/中等症の方
  • その他、治験参加のための条件があります。
  • 宿泊療養施設入所対象者、自宅療養対象者
  • 12歳以上の方
  • 治験参加時から120時間(5日)以内にPCR検査・抗原検査で新型コロナウイルス陽性と診断された方
  • 発熱等の症状がある
  • その他、治験参加のための条件があります

 (注意)治験にご参加いただいている間、交通費や時間的拘束などの負担を軽減するために負担軽減費のお支払いがあります。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。