新型コロナウイルス感染症 モニタリング状況

掲載日:2020年7月9日

神奈川県の現状

観戦観察(緑)

特定警戒都道府県の解除:感染観察(緑) [参考]

神奈川警戒アラートの発動について

モニタリング指標のうち、「感染の状況」の3つの指標がすべて発動基準に達している場合に、「医療の状況」や「監視体制」を含め、専門家の意見を聞き、総合的に神奈川警戒アラートの発動を判断します。

モニタリング指標 神奈川警戒アラートの発動基準
感染の状況 神奈川県の週当たりの感染者数(医療・福祉施設クラスターを除く):K値 4日連続で予想曲線から外れ、上向きの角度で上昇を続けた場合
新規陽性患者数(医療・福祉施設クラスターを除く1週平均) 10人
感染経路不明(医療・福祉施設クラスターを除く1週平均) 新規陽性患者数が10人以上の時、50%以上
医療の状況 重症患者数
中等症患者数
医療者に感染が発生している病院数、施設でのクラスター発生数
監視体制 神奈川県と東京都の週当たりの感染者数増加率:K値、検査の陽性率、LINE発熱傾向、実効再生産数

7月2日から7月8日のモニタリング指標の状況

感染の状況

モニタリング指標 神奈川警戒アラートの発動基準 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日
感染の状況 K値(神奈川県) 4日連続で予想曲線から外れ、上向の角度で上昇を続けた場合 実績値
0.0658
予測値0.0004
実績値
0.0733
予測値0.0004
実績値
0.0838
予測値0.0004
実績値
0.0914
予測値0.0003
実績値
0.0939
予測値0.0003
実績値
0.0748
予測値0.0003
実績値
0.0839
予測値0.0003
新規陽性患者数 10人 11 12.43 14.43 16 16.57 13.29 15.14
感染経路不明 新規陽性患者数が10人以上の時、50%以上 38.96 41.38 44.55 47.32 47.41 61.29 59.43

K値(神奈川県)医療・福祉施設クラスターを除く神奈川県の週当たりの感染者数増加率(直近1週間の陽性患者数/総陽性者数)
新規陽性患者数医療・福祉施設クラスターを除く1週平均
感染経路不明医療・福祉施設クラスターを除く1週平均

医療の状況

日付(7月2日から7月8日) 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日
重症入院者数 7 7     10 7 12
中等症入院者数 32 35     42 34 45
施設でのクラスター発生数 0 1 1 1 1 1 1
  • 同一施設で接触歴が追える患者集団(5人以上が目安)が発生した案件をクラスターとして計上
  • 集計時点の未収束のクラスター数の推移(収束とは14日間、陽性者・感染者がいない状態)
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合あり

監視体制

日付(7月2日から7月8日) 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日
K値(神奈川県・東京都合算) 実績値
0.0701
予測値0.001
実績値
0.0799
予測値0.0009
実績値
0.0898
予測値0.0008
実績値
0.096
予測値0.0008
実績値
0.1005
予測値0.0007
実績値
0.1028
予測値0.0006
実績値
0.1045
予測値0.0006
検査陽性率(%) 7.44 7.74 7.5 7.46 6.66 4.36  
実効再生産数 3.29 3.579 3.592 3.329 2.884 2.0 1.977

【K値(神奈川県・東京都合算)】医療・福祉施設クラスターを除く神奈川県と東京都の週当たりの感染者数増加率(直近1週間の陽性患者数/総陽性者数)
【実効再生産数】「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を表す学術的な指標(グラフの注釈を参照のこと)
このほか、医療の状況(医療者に感染が発生している病院数)、監視体制(LINE発熱傾向、実効再生産数)の状況から総合的に判断します。

K値(過去1週間の累積感染者数 増加率) 
0.0839
7月8日の予測値:0.0003

K値(過去1週間の累積感染者数増加率)

神奈川警戒アラート指標として設定
アラート発動基準:4日連続で予想曲線から大きく外れた場合

  • K値とは、直近1週間に累積感染者が増えた割合を示す数値で、K = 直近1週間の感染者数 / 累積感染者数で算出される
  • 医療・福祉施設クラスターを除く神奈川県の感染者数でK値を算出
  • 市中感染での状況を反映するため、医療・福祉施設におけるクラスターによる感染者数を除外
  • K値は3月26日を基準日として算出

新規陽性患者数(医療・福祉施設 におけるクラスターを除く過去1週間の平均)
15.14 
速報値(前日比:+1.85 人)

新規陽性患者数(医療・福祉施設におけるクラスターを除く過去1週間の平均)

神奈川警戒アラート指標として設定
アラート発動基準:10人

  • 市中感染での状況を把握するため、医療・福祉施設におけるクラスターによる感染者数を除外
  • 日々のばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から、過去7日間の移動平均値として算出(例えば、5月19日の割合は、5月13日から5月19日までの実績平均を用いて算出)
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合あり

感染経路不明者の割合(医療・福祉施設 におけるクラスターを除く過去1週間の平均)
59.43 %

感染経路不明者の割合(医療・福祉施設におけるクラスターを除く過去1週間の平均)

神奈川警戒アラート指標として設定
アラート発動基準:50%以上

  • 感染経路不明者の割合:医療・福祉施設におけるクラスターを除いた、感染経路不明者数 ÷ 新規感染者数の移動平均
  • 市中感染での状況を把握するため、医療・福祉施設におけるクラスターによる感染者数を除外
  • 日々のばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から、過去7日間の移動平均値として算出(例えば、5月19日の割合は、5月13日から5月19日までの実績平均を用いて算出)
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合あり

検査陽性率(過去1週間の平均)
4.36 %

検査陽性率(過去1週間の平均)

  • 医療機関が保険適用で行った検査については含まれない
  • 集合検査場等から民間検査機関に委託された検査については含まれない
  • 日々のばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から、過去7日間の移動平均値として算出(例えば、5月19日の割合は、5月13日から5月19日までの実績平均を用いて算出)
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合あり
  • 4月27日以前の数値は精査中

実効再生産数
1.977

実効再生産数

  • 実効再生産数とは、「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を表す学術的な指標である。
  • 正確な算定には、対象とする人口構成に応じた発症間隔(serial interval)や潜伏期間等の適確なモデル化を始めとする高度な専門性と統計処理力を要するものである。公開している数値は、感染の流行動態の変化を入手可能なデータから迅速に評価するために、陽性患者発生の公表日を発症日と見なし、簡易的な計算方法を用いて近似値を算出したものである。
  • 実効再生産数の評価にあたっては、その傾向(例:急上昇か、急降下か)を基に評価するものである。
  • 速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合がある。
  • 出典・計算方法:Anne Cori et al. “A New Framework and Software to Estimate Time-Varying Reproduction Numbers During Epidemics” Am J Epidemiol. 178, p1505-1512, 2013. 

 

参考

特定警戒都道府県指定の解除 感染観察(緑)
神奈川警戒アラート発動 感染拡大注意(黄色)
特定警戒都道府県再指定 特定警戒(赤)
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa