新型コロナウイルス感染症に関する自費検査を提供する者等が講ずるべき措置に関する協力要請

掲載日:2021年5月28日

概要

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第16条の2第1項の規定に基づく新型コロナウイルス感染症の発生予防、まん延防止のために必要な措置の制定について」を定めましたので、自費検査を提供する医療機関又は検査機関等は当該措置の実施に対する御協力をお願いいたします。

措置の内容

1 検体の採取を行う場合にあっては、換気、消毒、清掃その他のウイルスの感染を防止するために必要な措置を講じること。

2 自費検査を受けようとする者に対し、マスクの着用、手指の消毒その他のウイルスの感染を防止するために必要な措置を講じるよう求めること。

3 自費検査を受けようとする者から、自費検査の結果ウイルスの感染が確認された場合は医師の診察を受けることを誓約させること(当該自費検査を行う者が医師である場合を除く。次項において同じ。)

4 自費検査の結果、ウイルスの感染が確認された者に対し、医師の診察を受けるよう勧奨すること。

 

措置の対象

自費検査提供者:社会経済活動の中で本人等の希望により自己負担で実施する検査(「自費検査」という。)を提供する者

対象地域

県内保健福祉事務所管内の市町村

保健福祉事務所一覧

※保健所設置市(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市及び寒川町)は、県で定めた措置の対象地域に含まれません。

お問合せ先

医療危機対策本部室 感染症対策グループ

電話:045-210-4791

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa