新型コロナウイルス感染症陽性患者に係る宿泊療養施設の利用開始について

掲載日:2020年10月21日

新型コロナウイルス感染症を乗り切る新たな医療体制「神奈川モデル」で、無症状、軽症の方に療養いただくための宿泊療養施設についてお知らせいたします。

宿泊療養施設の概要

湘南国際村センター

所在地:

三浦郡葉山町上山口1560-39

室数:

95室(10月20日の新規受入者数2人、宿泊療養者数は24人)

利用開始日:

令和2年4月10日(金曜)

安全対策

  • 入所の際、県が用意した車を利用するため、外部の方との接触はありません。また、公共交通機関を利用して入所することもありません。
  • 入所者には、外出や外部の方との面会は認めていません。
  • 警備員の24時間配置や監視カメラにより警備しています。
  • スタッフが療養エリアで作業する際には防護服を着用し、作業後、消毒します。スタッフが消毒せずに施設外に出ることはありません。
  • 感染症の専門家の指導の下、万全の体制をとっています。

Q&A

質問1 1.湘南国際村センターを選んだ理由は何ですか。
回答1

新型コロナウイルス感染症については、4月7日に国の緊急事態宣言が発令され、神奈川県もその対象となりました。

そのような状況の中、今後無症状者や軽症者を受け入れていただく相当数の宿泊施設が必要と判断し、複数の施設と調整していたところ、本センターが県の第三セクターの運営する施設でもあることから、最初に話がまとまりました。

また、なるべく少ない箇所で効率的に陽性患者を診るためには、一定の部屋数が必要であること、感染拡大防止に必要なスペースが十分に確保できることから、本センターを選びました。

質問2 2.入所者は、どのような交通手段で宿泊療養施設に来るのですか。また、外出することはないのですか。
回答2 県が用意した車で、自宅や病院から搬送します。公共交通機関を利用して入所することはありません。
また、入所者の外出や外部の方との面会は認めておりません。入所者には、外出しないことを御理解いただいたうえで入所していただきます。監視カメラや警備員の24時間配置により、入所者が外出しない体制をとります。
そのため、入所者が外部の方と接することはありません。
質問3 3.施設の換気扇や通気口などの排気は大丈夫ですか。
回答3 換気扇や通気口から室内の空気が外に出ますが、すぐに拡散するため感染の危険性はなくなります。
質問4 4.施設内の感染防止策を教えてください。
回答4 感染症の専門家の指導の下、療養エリアとスタッフエリアに区分しています。スタッフが入所者と接触する機会は極めて限られており、療養エリアで作業をする際には防護具を着用し、作業後、消毒します。スタッフが消毒をせずに施設外に出ることはありません。
ごみは、一般の廃棄物と感染性廃棄物に分別します。感染性廃棄物は、2重のごみ袋に入れたうえで専用のごみ箱に収納し、ウイルスの感染力がなくなるまで施設内で保管(又は消毒)したのち、専門の処理業者が回収します。
質問5 5.入所者の病状が悪化した場合はどうするのですか。
回答5 入所者の病状が悪化した場合には、医師の判断の上、入院することとなります。その場合の搬送は、救急車又は民間救急車を使用します。
質問6 6.何日間くらいで退所するのですか。
回答6 概ね7日間前後です。
療養期間は、発症日(無症状の方又は発症日が明らかでない方は、陽性確定に係る検体採取日)から10日間を経過した日(11日目)に終了します。発症からPCR検査を経て入所しますので、概ね7日間前後で宿泊療養施設を退所します。
ただし、せきや発熱などの症状がある場合は、必要に応じて療養期間が延長となることがあります。

宿泊療養施設に関する問合せ先(受付時間 平日9時00分から17時00分)

専用ダイヤル 045-285-0636

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa