新型コロナウイルス感染症陽性患者に係る宿泊療養施設の利用開始について

掲載日:2020年7月7日

新型コロナウイルス感染症を乗り切る新たな医療体制「神奈川モデル」で、無症状、軽症の方に療養いただくための宿泊療養施設についてお知らせいたします。

1 宿泊療養施設

湘南国際村センター(神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39)

2 室数

約100室
(7月6日の新規受入者数は6人、宿泊療養者数は33人)

3 運営等

  • 運営スタッフは24時間常駐
  • 看護師は日中滞在、夜間については電話対応ができる体制を整備
  • 感染症に関する専門家の指導に基づきゾーニングを実施

湘南国際村センターの運営主体である株式会社湘南国際村協会に対する取材、お問い合わせはご遠慮ください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa