医療用防護マスクの検査結果について

掲載日:2020年7月9日

県が令和2年4月16日に売買契約を締結した医療用防護マスクについては、不良品が混在していたため再納入を求めたところ、6月29日に全量(50万枚)が再納入され、第三者機関による機能検査を実施していました。このたび、その検査結果が出ましたのでお知らせします。

検査結果の概要

(1) 検体 医療用防護マスク13枚
(2) 結果 検体13枚中13枚がN95相当の機能を有する

今後の対応

再納入された医療用防護マスクはN95相当の機能を有していることが確認できたことから、当面は県で保管し、今後、医療機関の状況を確認しながら必要に応じ、順次配布をしていきます。

なお、契約受注者に対しては、履行遅滞による違約金を本日請求します。

問合せ先

健康医療局保健医療部
健康危機管理課長 森 電話 045-210-4790 
健康危機管理グループ 遠藤 電話 045-210-4634

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa