ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 感染症・病気 > 感染症・病気の随時提供情報 > 新型コロナウイルス感染症対策ポータル > 【第3弾抗原検査キットの配布を受ける方】よくある質問(Q&A)

更新日:2022年3月29日

ここから本文です。

【第3弾抗原検査キットの配布を受ける方】よくある質問(Q&A)

幼稚園等に在籍していない未就学児、県外の小学校等に在籍している児童等のいる家庭向けに配布した抗原検査キットに関するよくある質問を掲載しています。

キット配布事業


配布を受けたキットを使用された方について

質問 1.検査結果が陽性の場合は、どのように対応したらよいか?
回答

検査結果が陽性の場合は、「新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」から、「抗原検査キットの検査結果が陽性だった」旨をお伝えいただき、医療機関を受診してください。なお、夜間は専用ダイヤルを受け付けていない地域が一部あります。医療機関での確定診断の結果が「陰性」になることもありますので、医療機関の指示に従ってください。

 

横浜市 045-550-5530 24時間(毎日)

川崎市 044-200-0730 24時間(毎日)

相模原市 042-769-9237 24時間(毎日)

横須賀市 046-822-4308 8:30から20:00(平日)・9:00から17:00(土日祝)

藤沢市 0466-50-8200 9:00から21:00(毎日)

茅ヶ崎市・寒川町 0467-55-5395 9:00から19:00(平日)・9:00から17:00(土祝)

上記以外の市町村にお住まいの方 0570-056774

 

なお、お近くの医療機関で抗原検査キット陽性反応が出た方への診断を行っている場合は、お電話で直接ご相談いただいても結構です。詳細はhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/support.html

また、医療機関を受診するほかに、自主療養という選択肢もあります。詳細はhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/ms/mt_report.html

 

質問 2.判定ラインが薄い、誤った使用方法をした場合などの結果の有効性は?
回答

県のホームページ内の抗原検査キット紹介ページの下段にも、製造販売業者ごとの使用方法に関する動画等の案内がございますので、ご参照ください。(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/antigen-test3.html)また、判定ラインが薄いことや誤った使用方法による結果の有効性、使用期限を過ぎた抗原検査キットを使用したなどの検査方法や検査結果のご不明点は、各メーカーに直接お問い合わせください。

【県から配布した抗原検査キットのメーカー】

 エスプライン 富士レビオ株式会社 0120-292-026

 クイックナビ デンカ株式会社 0120-206-072

質問 3.判定結果の報告方法がわからない。
回答 キットと一緒に配布しております、使用方法等が記載されたカラー刷りチラシ『抗原検査キットを使用する前に』表面中段記載の二次元バーコードをお読みいただきますと、同じくLINEのトーク画面に「検査結果をご入力ください」とメッセージが表示されますので、結果の入力をお願いいたします。報告後、検査結果に応じた対応をお知らせするメッセージがLINEに届きます。なお、LINEの「新型コロナパーソナルサポート(行政)」のアカウントとお友達登録がお済みでない方は友達追加画面が表示されますので、友達追加の上もう一度二次元バーコードを読み込んでください。
※LINEによる判定結果の報告はLINEアカウント登録者の個人情報に紐づいていないため、お子様の結果報告を保護者様のアカウントから行うことができます。
質問 4.抗原検査キットを使ってしまったので、追加で配布してほしい。
回答

県の無料配布事業はすべて終了しております。現在は体外診断用医薬品の抗原検査キットが、薬局等でも販売されております。ご家庭で必要な場合は、薬剤師の説明を受けたうえで購入をご検討ください。県のホームページにて抗原検査キットを販売している薬局が検索できますので、以下のURLをご参照ください。(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/antigen-test/index.html)

第3弾について

質問 1.キットの配布の目的は何なのか。
回答 県では、新型コロナウイルスワクチン接種の対象年齢に達していない園児や、児童等の集団生活における感染拡大を防止するため、抗原検査キットを配布しています。
各家庭で、お子様やご家族の方に、発熱、鼻水、咳、のどの痛みなどの症状がみられた際に、抗原検査キットを使ってご自宅で簡単に検査していただくことができます。
陽性の判定が出た場合はすみやかに医療機関の受診につなげ、感染拡大を防止することを目的としています。
本事業では、就園・就学されていないお子様、県外の学校等に在籍しているお子様を対象に抗原検査キットをお配りします。学校や保育園のクラスター対策等を目的として、県内の施設に通う皆様には、すでに抗原検査キットを配布しています。本事業は、これまでに配布していないお子様のいらっしゃるご家庭に、抗原検査キットをお配りするものです。
対象の皆様はぜひお申し込みをご検討ください。
質問 2.どのように申し込みしたらよいのか。
回答

県のウェブサイトやLINEパーソナルサポート、県公報Twitterの情報をご覧いただき、e-kanagawa電子申請システムの受付フォームから申し込んでください。
申し込みにあたってはシステムにアクセスできるスマートフォン等のほか、個人用電子メールアドレスが必要になります。

質問 3.こどもがいないが検査キットが欲しい。
回答

県では、新型コロナウイルスワクチン接種の対象年齢に達していない園児や、児童等の集団生活における感染拡大を防止するため、抗原検査キットを配布しています。また、県が用意している抗原検査キットの量には限りがございますので、対象のお子様がいないご家庭からの申請はご遠慮ください。
なお、現在薬局において、今回配布するものと同様に厚生労働省が体外診断用医薬品として承認している抗原検査簡易キットが販売されています。対象外の方はご自身での購入をご検討ください。
県では厚生労働省が認可したキットについて使用方法等を調査しており、紹介ページに掲載しています。あわせて参考にしてください。

 

抗原検査キットの配布について

質問 1.どうすれば申し込めますか。/申し込みをしたい。
回答

県のウェブサイトやLINEパーソナルサポート、県公報Twitterの情報をご覧いただき、e-kanagawa電子申請システムの受付フォームから申し込んでください。
申し込みにあたってはシステムにアクセスできるスマートフォン等のほか、個人用電子メールアドレスが必要になります。

質問 2.配布される抗原検査キットの数量は?抗原検査キットはどのようなものなのか?
回答

本事業では、県内在住でワクチン接種の対象年齢に達していない小学生以下のお子様がいらっしゃるご家庭のうち、学校や幼稚園及び保育園等で配布を受けられていないご家庭を対象に、検査2回分のキットを配布します。

配布する抗原検査キットは、厚生労働省が体外診断用医薬品として承認しているものです。

質問 3.こどもが複数いるが複数回申し込むことはできるか?
回答

1家庭につき2キットの送付となっております。県が用意している抗原検査キットの量には限りがございますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

質問 4.申し込みはこどもの名前でやるのか?
回答

保護者様の情報でお申し込みください。ただし、お子様の名前を入力していただく欄がございますので、入力をお願いいたします。

質問 5.家族が抗原検査キットを使用することは可能か?
回答 本事業で配布した抗原検査キットをご家族の方に使っていただくことは可能です。
質問

6.メールが届かない

回答

メールの受信設定で、迷惑メール対策等を行っている場合には、メールが届かない場合があります。@dshinsei.e-kanagawa.lg.jpからのメールを受信できるよう設定してください。設定を行っても申込み画面のURLを記載したメールが届かない場合には、別のメールアドレスを使用して申込みを行ってください。

質問 7.届け先の住所を変更したい
回答

抗原検査キットの発送準備前であれば、電子申請システムで申込内容を変更することが可能です。申込内容照会から、メールで通知している整理番号およびパスワードを入力し、届け先住所を変更してください。

なお、発送準備後は上記システムで変更ができませんので、抗原検査問合せフォーム(別ウィンドウで開きます)から変更後の住所等をお知らせください。(問合せフォームで、「質問の大まかな分類」について、「キットの配送情報の変更」を選択してださい。)

質問 8.追加でキットが欲しい場合はどうすればいいか?
回答

追加の配布は予定しておりません。

 

抗原検査キットの精度について

質問 1.無症状で使用できるか?
回答 県から配布した抗原検査キットは、発熱等の風邪症状が出た際にご自宅でセルフチェックをしていただき、陽性の可能性が高い有症状の方を速やかに医療機関の受診に結び付ける目的で配布したものです。無症状時の使用については、各ご家庭の状況に応じてご判断ください。
質問 2.偽陽性や偽陰性が出るのではないか?
回答 新型コロナウイルスの量が少なすぎる場合や、鼻腔から採取した検体の粘度が高い場合等に、偽陽性(実際は感染していないが、陽性結果がでる)や、偽陰性(実際は感染しているが、陰性結果がでる)が発生する可能性があります。疑わしい場合は、ただちに医療機関を受診してください。
質問 3.抗原検査キットで変異株による感染の有無も確認できるのか?
回答

抗原検査キットの検査により、変異株の感染の有無を確認することができます。ただし、アルファ株やデルタ株等の、どの変異株による感染かを特定することはできません。

 

抗原検査キットの使用方法について

質問 1.どのように使用すればいいのか?
回答 使用方法については、配送時に同封するチラシの「抗原検査キットの使用方法」で紹介しています。使用に際しては、チラシに掲載している二次元バーコードから、使用方法の動画を案内しているので、必ず検査の前に動画を視聴してから使用してください。また、県のホームページ内の抗原検査キット紹介ページの下段にも、製造販売業者ごとの使用方法に関する動画等の案内がございますので、ご参照ください。(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/antigen-test3.html)
質問 2.使用上の注意点は?
回答 抗原検査キットの自己検査は、「検体のとり方」「検体の抽出」等、動画等に従い正しく実施してください。特に、採取した検体をチューブの検体処理液に浸す際は、検体をしっかり抽出できるようご注意ください。また、本事業で配布する抗原検査キットは、反応時間30分で判定する必要があり、長すぎても短すぎても正しい結果とならないことがありますので、タイマー等を使用して正確に時間を計ってください。
質問 3.どのように保管すればいいのか?保管上の注意点は?
回答 室内の涼しい場所で保管してください。冷蔵の必要はありません。また、抗原検査キットやチューブの溶液は、皮膚に付着したり、目や口へ入ったりしないように注意して、幼児の手の届かない場所で保管してください。なお、キットで使用している溶液は可燃性であるため、火気の近くでは絶対に使用しないでください。
質問 4.抗原検査キットの有効期限はいつまでか?
回答

抗原検査キットに有効期限が記載してありますので、ご確認ください。
なお、有効期限が過ぎた抗原検査キットについて、ご家庭に配られたものは各家庭の家庭ごみとして廃棄していただきますようお願いいたします。

 

抗原検査キットの検査結果について

質問 1.陽性の場合はどうすればいいのか?
回答

検査結果が陽性の場合は、「新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」から、「抗原検査キットの検査結果が陽性だった」旨をお伝えいただき、医療機関を受診してください。なお、夜間は専用ダイヤルを受け付けていない地域が一部あります。医療機関での確定診断の結果が「陰性」になることもありますので、医療機関の指示に従ってください。

 

横浜市 045-550-5530 24時間(毎日)

川崎市 044-200-0730 24時間(毎日)

相模原市 042-769-9237 24時間(毎日)

横須賀市 046-822-4308 8:30から20:00(平日)・9:00から17:00(土日祝)

藤沢市 0466-50-8200 9:00から21:00(毎日)

茅ヶ崎市・寒川町 0467-55-5395 9:00から19:00(平日)・9:00から17:00(土祝)

上記以外の市町村にお住まいの方 0570-056774

 

なお、お近くの医療機関で抗原検査キット陽性反応が出た方への診断を行っている場合は、お電話で直接ご相談いただいても結構です。詳細はhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/support.html

また、医療機関を受診するほかに、自主療養という選択肢もあります。詳細はhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/ms/mt_report.html

質問 2.陰性の場合どうすればいいのか?
回答 手技や手順によっては、保有ウイルスがあっても陰性になることがあります。検査当日は、通勤・通学は控え、ご自宅での待機をお願いいたします。抗原検査キットがもう一つある場合は、翌日に再度検査手順を確認して検査を実施してください。
質問

3.判定不能の場合はどうすればいいのか?

回答

判定不能の場合は、再度検査をお願いします。再度の検査でも判定不能になった場合は、速やかに医療機関を受診してください。チラシの二次元バーコードから判定結果を報告すると、受診可能な医療機関を紹介する専用ダイヤルが案内されます。

質問 4.LINEで結果報告ができない場合はどうすればいいのか?
回答 LINEで結果報告ができない場合は、配布時に同封するチラシに記載がある二次元コードからウェブフォームにアクセスいただき、必要事項をご登録ください。

このページに関するお問い合わせ先

神奈川県医療危機対策本部室への問い合わせフォーム(別ウィンドウで開きます)

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。