抗原検査キット配布事業(第2弾)児童等のいる家庭対象

掲載日:2021年9月27日

Other Languages

事業目的

新型コロナウイルスワクチン接種の対象年齢に達していない園児や児童等の集団生活における感染拡大を防止するため、保育園、幼稚園、小学校及び特別支援学校を通じて抗原検査キットを配布します。

各家庭で、お子様や家族の方に、発熱、鼻水、咳、のどの痛みなどの症状がみられた際に、抗原検査キットを使って自宅で簡単に検査していただくことができます。

陽性の判定が出た場合は、すみやかに医療機関の受診につなげ、通園・通学を控えていただくことで感染拡大を防止することを目的としています。

検査の流れ

高原検査キットの流れ

  1. 検査キットの受け取り
  2. 利用規約への同意
  3. [発症したとき]ご自身で検査を行い、結果を確認
  4. 各家庭に別途ご案内している専用Webフォームから結果を連絡

陽性の場合

  1. 相談窓口のご案内
  2. 医療機関を受診し、確定診断
  3. 検査キットの再配布は学校へご相談ください

陰性の場合

  1. 検査キットの再配布は学校へご相談ください

配布事業

配布対象 県内の12歳未満の園児や児童等(約77万人)のいる家庭
配布数 約185万キット(1人2キット)1キット=1回分
配布方法 保育園、幼稚園、小学校及び特別支援学校から、児童・生徒の各家庭に配布

県が各学校ごとにまとめて送付。学校等で各生徒が2キットずつ家庭に持ち帰る

よくある質問(Q&A)

【幼稚園・保育園・小学校等で検査キットの配布を受けた方】よくある質問(Q&A)

 

このページに関するお問い合わせ先

神奈川県医療危機対策本部室への問い合わせフォーム

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa