新型コロナ警戒マップ

掲載日:2021年4月26日

新型コロナ警戒マップの更新停止理由について

  • 令和2年12月15日、県内病院の空き病床数がひっ迫していたことから、県民への外出自粛を要請しました。
  • このため、「外出するための指標として活用するツールである」新型コロナ警戒マップの公開についても、令和2年12月22日を最後に、当面の間更新を停止することにしました。
  • その後、令和3年3月21日に緊急事態宣言が解除されたことから、ホームページ上で公開すべく準備を進めていましたが、再びコロナウイルスの感染状況が悪化したため、現在も更新を見合わせている状況です。
  • LINEの「パーソナルサポート」での調査にご協力いただいている方をはじめ、県民の皆様には申し訳ありませんが、何卒ご理解いただきますようお願いします。
  • なお、皆様にお答えいただいている体調アンケートは、マップの作成以外に、皆様の回答内容に応じたフィードバックに使われますので、引き続きご利用いただけますと幸いです。

LINEの「パーソナルサポート」(別ウィンドウで開きます)での調査に回答いただいた内容をもとに、新型コロナの感染リスクを地域ごとに示すマップを公開します。
 なお、このマップには、インフルエンザ・風邪等の症状も回答に含まれていますので、必ずしも新型コロナの正確な感染率を示しているわけではありませんが、マップを参考に

  •  密集・密接・密室を避ける
  •  安全な距離を保つ
  •  こまめに手を洗う
  •  室内換気と咳エチケット

といった「新たな生活様式」を実践してください。 これらは、他の感染症の感染予防にも有効です。

新型コロナ警戒マップ(12月22日公開)

警戒マップ

解説

12月14日から12月20日の状況を示したものです。(マップの見方や「感染率(推計)」の算出等については次の項目をご確認ください。)

  • 円の大きさは県内の各地域の感染率(推計)の高低を示します。横須賀市では他の地域より円が大きく、感染率(推計)は高くなっています。その他の地域では円が小さく、感染率(推計)は低くなっています。
  • 円の色は先週の同地域の感染率と比較して、改善または悪化したのかを示しています。先週(12月7日から12月13日)と比較して、鎌倉保健所区域(鎌倉市、逗子市、葉山町、三浦市)では、感染率(推計)が改善しています。
  • 一方、川崎市、横須賀市では、感染率(推計)が悪化しています。

感染リスクは地域の感染拡大状況にも影響されます。

お住いの地域の状況を確認し、感染拡大が心配される場合は、改めて次のことを意識し、徹底してください。

  • 3つの密を避けるなど感染対策の用心を徹底
  • 感染防止対策がなされていない場所にはいかない

警戒マップとは

LINEで毎週行うアンケート調査結果から算出した「感染率(推計)」に基づき、マップを作成します。

マップ上の円の「大きさ」と「色」が、その地域での感染リスクを示します

  • 円の「大きさ」は、感染率(推計)の大小を示します。
    (円が大きいほど、感染率が大きい)
  • 円の「色」は、先週と比べた変化の傾向をグラデーションで示します。
    緑色は改善を、赤色は悪化を示します。

お住いの地域において、円が大きかったり、赤くなったりしている場合は、地域での感染拡大に警戒が必要です。

「新しい生活様式」の徹底を改めて意識するなど、感染予防に努めてください

感染率(推計)とは

次の方法により算出する「新型コロナの感染が疑われる方の割合」を示す指標です。

算出方法

Lineでお聞きする調査のイメージ画像 Lineでお知らせする新型コロナ警戒マップのイメージ図

注意事項

「感染率(推計)」は、LINEアプリを利用しており、「パーソナルサポート」のアンケートに回答いただいた方のデータのみから算出するものです。

したがって、県民全員の状況を正確に示しているものではありません

あくまで新型コロナの感染拡大の状況を把握するために一要素として参考にするものです。

また、過度に恐れることなく、「新しい生活様式」の実践を徹底するなど、感染予防に向けた適切な行動に努めてください。

県民の皆さんへ(調査へのご協力のお願い)

このマップは、皆さんの回答により作成します。

多くの方にご回答いただくことで、地域ごとの状況がより正確に把握でき、適切な対策を検討するために役立ちます

ぜひ、「パーソナルサポート(別ウィンドウで開きます)」を友だち追加し、調査に回答ください。
(友だち追加直後は、アンケート調査が届かない場合があります。新たに登録された方への調査にはお時間を要しますので、お待ちください)

LINEパーソナルサポートの機能・コロナお知らせシステムについては次のページをご覧ください。

パーソナルサポートの機能(別ウィンドウで開きます)

LINEコロナお知らせシステム(QRコードの読み取り)(別ウィンドウで開きます)

新型コロナに感染された方が発生した際、保健所が同じ施設の利用者に濃厚接触などの感染リスクを疑う場合、対象者にLINEメッセージでお知らせするシステムです。

QRコードという名称は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

各保健所が管轄する地域

マップ上に表示された感染リスク(円)は、保健所ごとに表示しています。

各保健所が管轄する市町村は次のとおりです。

保健所名 所管する市町村
横浜市保健所 横浜市
川崎市保健所 川崎市
相模原市保健所 相模原市
横須賀市保健所 横須賀市
藤沢市保健所 藤沢市
茅ヶ崎市保健所 茅ヶ崎市、寒川町
平塚保健福祉事務所 平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町
鎌倉保健福祉事務所 鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
小田原保健福祉事務所 小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
厚木保健福祉事務所 厚木市、大和市、海老名市、綾瀬市、座間市、愛川町、清川村