これ、なーんだ?

掲載日:2020年5月20日

何かをどアップにした写真です。なんだかわかるかな?

ふだん見慣れているものでも、拡大すると印象が変わります。
虫眼鏡やルーペを持って、いろいろなものを観察してみませんか?思わぬ発見がありますよ。

問題は全部で10問。答えと解説はページの下にあります。

  • 9~10問正解
ひょっとしてあなたの目はもうすでに顕微鏡ですか?脱帽です!!
  • 5~8問正解
さては普段からルーペを持ち歩いていますね?すばらしい観察者です!
  • 1~4問正解
ふつうの人です。これからも観察を楽しみましょう。

第1問

カナヘビの皮_Q

これ、なーんだ?

  1. 魚のうろこ
  2. カナヘビの皮
  3. 石板を埋めこんだ外壁

 

 

 

こたえはこちら

第2問

Q_カラスアゲハの羽

 

これ、なーんだ?

  1. チョウのはね
  2. LED電球
  3. ウミホタル

 

 

こたえはこちら

第3問

Q_カワセミの羽

これ、なーんだ?

  1. 鳥のはね
  2. ヤシの葉
  3. 枯れ葉

 

 

こたえはこちら

第4問

Q_キイロスズメバチの巣

これ、なーんだ?

  1. かつおぶし
  2. スズメバチの巣

 

 

こたえはこちら

第5問

Q_ナツグミの葉

これ、なーんだ?

  1. サボテン
  2. 木の葉
  3. コケ

 

 

こたえはこちら

第6問

Q_オオセンチコガネの羽

これ、なーんだ?

  1. カブトムシのおなか
  2. オオセンチコガネのはね
  3. ダウンジャケット

 

 

こたえはこちら

 

第7問

Q_セイヨウタンポポのたね

これ、なーんだ?

  1. バッタの足
  2. 貝殻
  3. タンポポのたね

 

 

こたえはこちら

第8問

Q_タマムシの羽

これ、なーんだ?

  1. タマムシのはね
  2. アマガエルの皮ふ
  3. CDの裏面

 

 

こたえはこちら

第9問

Q_ドクダミ

これ、なーんだ?

  1. ドクダミの花
  2. 虫のたまごと幼虫
  3. きのこの胞子

 

 

こたえはこちら

第10問

Q_ヤマビル

これ、なーんだ?

  1. おたまじゃくし
  2. 水槽に張り付いたタニシ
  3. ヤマビル

 

 

こたえはこちら

 


こたえ

第1問:2.カナヘビの皮

A_カナヘビの皮 写真_カナヘビ

爬虫類は定期的に古い皮を脱ぎ捨てて、新しい皮ふになります。人が日焼けしたときのようですね。

カナヘビはトカゲ(ヒガシニホントカゲ)とよく間違えられますが、カナヘビはスリムで皮ふがカサカサしています。しっぽが長いのも特徴です。一方、トカゲはずんぐりとしていて皮ふがテカテカしています。また、子どものころはしっぽが鮮やかな青色です。

写真_ニホントカゲ
ヒガシニホントカゲ成体

写真_ニホントカゲ幼体
ヒガシニホントカゲ幼体

次の問題へ

 

 

 

 


第2問:1.チョウのはね

A_カラスアゲハの羽 写真_カラスアゲハ

チョウのはねには鱗粉(りんぷん)と呼ばれる粉のように細かいものが並んでいて、これが模様に見えます。はねを水や汚れから保護する役割があります。

問題のはねはカラスアゲハのもので、一見黒く見えますが、見る角度によって緑色から青色に輝いて見える美しいアゲハチョウです。幼虫は主にカラスザンショウなどの木の葉を食べて育ちます。

 

次の問題へ

 

 

 

 

 

 

 

 


第3問:1.鳥のはね

A_カワセミの羽 写真_カワセミ

カワセミの羽です。美しいコバルトブルーの体が特徴的ですが、1本1本の羽は黒っぽく見えます。

自然環境保全センターの自然観察園でもおなじみのカワセミ。市街地の河川でも見られることがあります。水中へダイブして、魚や水生昆虫をとらえるハンターです。

写真_カワセミ
魚をとらえたカワセミ

次の問題へ

 

 

 

 


第4問:3.スズメバチの巣

A_キイロスズメバチの巣 写真_キイロスズメバチの巣

キイロスズメバチの巣の破片です。材料は木で、朽木をかみ砕いたものを唾液と混ぜてくっつけています。使う木材によって色がちがうため、まだら模様が出来上がります。

キイロスズメバチは民家の軒下や木の上などに球形の巣を作ります。攻撃性の強いハチなので、巣を見つけても近寄らないようにしましょう。

写真_キイロスズメバチ
キイロスズメバチ

次の問題へ

 

 

 

 

 


第5問:2.木の葉

A_ナツグミの葉 写真_ナツグミ

ナツグミの葉です。写真は若い葉の表面で、鱗状毛(りんじょうもう)と呼ばれる毛が張り付いています。裏面は毛がさらに密についていて、銀色に輝いて見えます。

初夏に熟す赤い楕円形の実は甘く、食べられます。

写真_ナツグミの実
ナツグミの実

次の問題へ

 

 

 

 

 

 


第6問:2.オオセンチコガネのはね

A_オオセンチコガネのはね 写真_オオセンチコガネ

こちらも構造色によって、メタリックに輝く美しいコガネムシです。

地域によっては青や緑など色が違います。

なんとエサは動物の糞。いわゆるフンコロガシの仲間ですが、糞は転がしません。メスは地中に糞を埋めて産卵し、幼虫も糞を食べて成長します。

 

次の問題へ

 

 

 

 

 

 

 

 


第7問:3.タンポポのたね

A_セイヨウタンポポのタネ 写真_セイヨウタンポポ

セイヨウタンポポのたねです。正確には果実で、この中に種子があります。綿毛がついていて、風にのって遠くまで飛んでいくことができます。たねの上のほうがギザギザしているのは、地面にしっかりくっつくためでしょうか?

実はタンポポは小さい花の集合体。ぜひ花もルーペで観察してみてください。

また、花の下の総苞片(そうほうへん)が反り返っているのは外国から移入されたセイヨウタンポポ。反り返らないのは在来種のカントウタンポポです。どちらが多いか調べてみましょう。

写真_セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポ
写真_カントウタンポポ
カントウタンポポ

次の問題へ

 

 

 

 


第8問:3.タマムシのはね

A_タマムシのはね 写真_タマムシ

タマムシ(ヤマトタマムシ)はメタリックな緑色で、赤いラインが2本入っています。こちらも構造色で、その輝きは死んでも失われません。古くから装飾に使用されたり、箪笥に入れておくと着物が増える、お金持ちになるという言い伝えもあるそうです。

タマムシはエノキという木の葉を食べます。真夏の日中によく活動し、エノキの周辺で飛び回っていることがあります。

 

次の問題へ

 

 

 

 

 

 

 

 


第9問:1.ドクダミの花

A_ドクダミ写真_ドクダミ

ドクダミも1つの花ではなく、小さな花の集合体です。

白い花びらのようなものは、「総苞片(そうほうへん)」という葉が変化したもので、花を目立たせ、虫にアピールする役割があります。

本当の花は真ん中の黄色い部分。たくさんのおしべとめしべが集まっていることがわかります。

 

次の問題へ

 

 

 

 

 

 

 

 


第10問:3.ヤマビル

Q_ヤマビル1Q_ヤマビル2

問題はヤマビルの口をアップにした写真です。頭側とおしり側は吸盤状で、しゃくとり虫のように進みます。

4月~11月頃活動し、人間や野生動物の血を栄養源にしています。ふだんは落ち葉の下など湿ったところに隠れていて、私たちの出す息(二酸化炭素)や歩く時の地面の振動を察知して近づいてきます。

Y字型の口には小さな歯があり、動物の皮ふをかじって傷をつけ、ヒルジンという血を固まらせない成分を出して血を吸います。

写真_吸血後のヤマビル
吸血後のヤマビル

 

トップにもどる