ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 高等学校等就学支援金に係る通知の誤配送について

更新日:2021年8月10日

ここから本文です。

高等学校等就学支援金に係る通知の誤配送について

2021年08月10日
記者発表資料
神奈川県教育委員会では、高等学校等就学支援金(注1)の認定通知書及び支給決定通知書(以下「通知書等」という。)については、その印刷及び封入・封緘業務を株式会社タナカ流通企画(注2)(以下「受託業者」という。)に委託して実施していますが、今般、業者における封入作業に誤りがあり、一部の通知書等について、誤配送があったことが判明しました。

(注1)高等学校等就学支援金は、保護者等が一定の所得要件を満たした場合に、公立高等学校等において授業料の全額に充当しているものです。
(注2)株式会社タナカ流通企画 代表取締役 田中 繁(厚木市戸室1-33-7)

1発送の概要

発送日 令和3年8月6日(金曜日)

発送内容 3号様式と46号様式を同封して発送

3号様式(認定通知)(注1)【住所なし】(注3)5,884通

46号様式(支給決定通知)(注2)【住所あり】(注3)5,884通

 

(注1)高等学校等就学支援金の受給資格がある旨を認定する通知

(注2)受給資格が認定された生徒(受給権が認められた生徒)に対して、就学支援金を支給することを決定する旨の通知

(注3)46号様式に発送の際の窓枠封筒用の住所を記載

2誤配送の内容

(1)受託業者が誤った内容

3号様式(認定通知)と46号様式(支給決定通知)を同封して発送しているが、一部の封筒に別の生徒の3号様式(認定通知)が入っていたという連絡が財務課及び高等学校に入り、委託業者に確認したところ、100件の通知にこうした誤りが発生したことが想定される。

(2)問合せを受けた件数

財務課あて及び高等学校あてに問合せのあった件数10件(8月10日現在)

3今後の対応

財務課から誤配送が想定される各通知先に電話にてお詫びの連絡をしました。

受託業者は、今後、新たに通知書等を印刷した上、通知書に県教育委員会のお詫び文を添えて、改めて送付します。その際、返信用封筒を同封し、誤って送付した通知書を回収します。

4再発防止策

県教育委員会は、今後、受託業者に対して、通知発送に際し仕様書に記載のとおり封入するよう、改めて指導を徹底いたします。

問合せ先

教育局行政部財務課

課長 藤野
電話 045-210-8100

財務指導グループ 佐藤
電話 045-210-8113

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 行政部財務課です。