県立学校における新型コロナウイルス感染症対策について

掲載日:2021年3月15日

新型コロナウイルス感染症対策として、国庫補助金及び新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金等を活用し、各県立学校の実情に応じて必要な備品等を整備しております。

検温のためのサーモグラフィーの設置(川崎高等学校)

サーモグラフィー

 

入試用アクリルパーテーションの設置(海洋科学高等学校)

パーテーション

 

複数教室活用のためのプロジェクターの設置(横浜翠嵐高等学校)

プロジェクター

 

感染症対策消耗品等の購入(中原養護学校)

特支

※特別支援学校における生徒対応

 ・発熱や咳が出た児童生徒の対応時の飛沫感染対策

 ・医療的ケアの必要な児童生徒対応時の感染症対策用

 

各学校の執行状況(令和3年1月31日現在)

  高等学校及び中等教育学校 計140校 特別支援学校 計29校
予算額 1,018,000千円 215,500千円
執行済額 935,563千円 190,905千円
執行率 91.9% 88.6%

 

※各学校の新型コロナウイルス感染症対策はこちらから確認が可能です。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/tokushoku/hsw/kateigakka.html

 
 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa