令和元年度も殺処分ゼロ!(犬7年、猫6年)
―ボランティアの皆さんとともに、殺処分ゼロからその先へー

掲載日:2020年4月28日
2020年04月28日
記者発表資料

令和元年度も「神奈川県動物愛護センター」に保護された犬と猫の殺処分がゼロになりました。犬は平成25年度から7年間、猫は平成26年度から6年間殺処分ゼロを継続しています。

殺処分ゼロへの取組

殺処分ゼロの継続は、ボランティアの皆さんの懸命な活動のおかげです。
県は、今後も、ボランティアや関係機関の皆さんと連携し、犬や猫の収容数の減少、譲渡及び返還の推進に取り組んでいきます。

殺処分ゼロからその先を目指し、県では「県動物愛護センター」に保護された犬や猫のいのちを守り、譲渡につなげる取組を推進するため、令和元年度から「かながわペットのいのち基金」への寄附を活用し、公益社団法人神奈川県獣医師会と連携した犬や猫の病気やケガの治療、人に馴れていない犬のしつけや訓練など、譲渡をさらに進めるための事業に取り組んでいます。

県動物愛護センターでの治療

県動物愛護センターでの治療

 

トレーラーハウスによる猫の譲渡会

トレーラーハウスによる猫の譲渡会

 

※県動物愛護センターでは、横浜市・川崎市・横須賀市を除く県内地域の犬や猫などの保護を行っています。

別紙(PDF:359KB)

問合せ先

神奈川県健康医療局生活衛生部生活衛生課

課長 小笠原
電話 045-210-4930

動物愛護・水道グループ 松永
電話 045-210-4947

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。