神奈川県再エネ水素ステーションの設置・運用

掲載日:2020年11月10日

神奈川県再エネ水素ステーション

本事業は、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域再エネ水素ステーション導入事業)」を活用して設置しました。

同補助金交付要綱では、「水素製造に要する電力の全量相当分(※)を再生可能エネルギーで賄うものであること。」等となっており、本県に設置された再エネ水素ステーションは、要綱の要件を満たして運用しています。

 

※ 「全量相当分」とは、「再生可能エネルギーの多くは出力が不安定で、発電しない時間帯があることを踏まえ、年間の消費電力量を、年間の再生可能エネルギーの発電量で賄う」ということです。

 

(単位:kWh) 

年度 再エネ水素ステーションの
消費電力量
太陽光発電の発電量
平成30年度 14,681 16,706
令和元年度 14,044 14,497
令和2年度(8月末) 3,956 4,161
32,681 35,364

FCVハイヤーの時間貸し利用ができます!

平成30年8月からCO2フリー水素で走るFCVハイヤーの時間貸しが始まりました!
このFCVハイヤーはどなたでもご利用することができます!
詳しくはこちら

キリンビール(株)横浜工場敷地内に再エネ水素ステーションを設置しました!

本県では、水素エネルギーの普及を図るため、キリンビール(株)横浜工場敷地内に再エネ水素ステーションを平成29年度末に設置しました。

station1

当該水素ステーションで、製造段階から二酸化炭素を排出しない水素を地元のタクシー事業者(東宝タクシー)が運行する公共交通(ハイヤー)に充填して利活用しています。

station2

 

再エネ水素ステーションの仕組み

再エネ水素ステーションは、太陽光発電を活用し、水の電気分解により水素製造が可能な設備です。

zu

 

神奈川県再エネ水素ステーションのご案内

レストランビアポートの営業している間(原則、月曜日は休館日)は、自由にご見学いただくことができます。

案内図(PDF:40KB)

ただし、神奈川県再エネ水素ステーションの周囲にはフェンスがございますので、フェンスの外からのご見学となります。

 

参考リンク

レストランビアポート営業日(キリンビール(株)横浜工場)

再エネ水素ステーション(本田技研工業(株))

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。