ホーム > くらし・安全・環境 > 生活と自然環境の保全と改善 > 地球環境・温暖化 > 産業労働局産業部エネルギー課 > 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の運用見直し等について

更新日:2020年4月3日

ここから本文です。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の運用見直し等について

固定価格買取制度の運用見直し

県では、国がパブリックコメントを実施していた「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し」に対して、「10キロワット未満の住宅用太陽光発電設備について出力抑制の対象から除外すること」などを求める要請を行いました。経済産業省が1月22日に発表した制度見直しにおいて本県の要請内容が反映され、東京電力に対して接続しようとする50キロワット未満の太陽光発電は出力抑制の対象外となりましたのでお知らせします。
県から国への要請(平成27年1月7日)
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p868258.html
経済産業省の発表(平成27年1月22日)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/150122_press.pdf

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 産業部エネルギー課です。