県立中井やまゆり園利用者の事故について

掲載日:2020年10月18日
2020年10月18日
記者発表資料
(県政・小田原記者クラブ同時発表)

令和2年10月18日(日曜日)午前10時過ぎ県立中井やまゆり園において、入所利用者(男性)がパンを喉に詰まらせる事故が発生しました。

1 概要

職員が昼食の準備をするため寮の食堂にある配膳室を出入りしていたところ、10時10分頃当該利用者が配膳室にあったパンを食べてしまったことに職員が気づき、配膳室から別の場所に誘導した。

その後、当該利用者が鍵のかかった洗面室に行こうとしていたので、職員が鍵を開けた。その際、当該利用者の顔が青ざめて、苦しそうだったので水をあげようとしたところ、チアノーゼ状態で足元から崩れ落ちたため、心肺蘇生を始めるとともに、看護師の指示を受け、AEDを使用した。また、別の職員が日直に連絡し、日直から救急隊を要請した。

10時22分救急隊が到着し、10時32分園を出発、病院に搬送された。

病院到着後、当該利用者は治療を受け人工呼吸器を装着して、現在、EICU(救命集中治療室)に入院しており、意識不明の状態にある。

2 原因

パンを食べたところは確認できていないが、職員が配膳室を離れた際に、当該利用者が配膳室に入りパンを食べ喉に詰まらせたと思われる。

3 今後の対応

利用者支援の内容、方法に問題がなかったか、事実経過について確認し、検証してまいります。

 

(県立中井やまゆり園について)

【施設の概要】主として、知的障害のある方に対する支援を行う障害者支援施設

【所在地】足柄上郡中井町境218番地 【定員】入所140名(うち短期入所18名)

問合せ先

神奈川県福祉子どもみらい局福祉部障害サービス課

課長 髙橋 電話 045-210-4702

副課長 吉田 電話 045-285-0214

神奈川県立中井やまゆり園

園長 菅野 電話 0465-81-0288