令和3年度以降の学力向上進学重点校の指定について

掲載日:2020年12月23日
2020年12月23日
記者発表資料

神奈川県教育委員会では、平成28年1月に策定した「県立高校改革実施計画」に位置付けた学力向上進学重点校を、将来の日本や国際社会でリーダーとして活躍できる高い資質・能力を持った人材を育成する学校として、県教育委員会が示す指標に基づき指定することとしています。

1 概要

学力向上進学重点校に関しては、平成30年4月までに横浜翠嵐高等学校、湘南高等学校、柏陽高等学校及び厚木高等学校の4校を指定したところですが、この度、県立高校改革実施計画(Ⅱ期)として、新たに川和高等学校を加え5校を指定することとしました。
指定を受けた学校では、教科・科目や総合的な探究の時間を通して、主体的、総合的、探究的に学び、将来のリーダーとして、自ら問題を発見し、自ら解決できるよう、教科等を超えて様々な課題を関連付けて考えることのできる思考力・判断力・表現力等の育成に取り組み、希望する進路の実現を図ります。

(1)令和3年度から学力向上進学重点校に指定する学校(5校)

学校名 住所
横浜翠嵐高等学校(継続) 横浜市神奈川区三ツ沢南町1番1号  
湘南高等学校(継続) 藤沢市鵠沼神明5丁目6番10号
柏陽高等学校(継続) 横浜市栄区柏陽1番1号
厚木高等学校(継続) 厚木市戸室2丁目24番1号
川和高等学校(新規) 横浜市都筑区川和町2226番地の1 

(2)指定の期間
令和3年4月1日から令和6年3月31日まで

(3)エントリー校から新たに指定する場合の理由
県教育委員会が示す次の5つの指標に基づき、エントリー校の中から指定します。

①めざす生徒像を見据えて、「主体的・対話的で深い学び」の視点による教科指導等を展開し、高いレベルの思考力・判断力・表現力等の能力の育成を図るため、各学校において達成すべき学力水準を示している。

②県教育委員会が実施する生徒学力調査(2学年)の結果により、高い学力を身に付けさせている。

③生徒の7割以上が在学期間中に、CEFR B1のレベルを達成し、高い英語力を習得している。

④生徒の探究活動や全国規模の大会等での取組みなど、学校の教育活動全体を通じて、豊かな人間性や社会性を育み、その成果をあげている。

⑤全県立高校の中で、いわゆる難関と称される大学への現役進学において高い実績をあげている。

※参考:平成30年度から令和2年度までの「エントリー校」
横浜平沼、横浜緑ケ丘、光陵、希望ケ丘、川和、多摩、横須賀、平塚江南、鎌倉、小田原、茅ケ崎北陵、相模原、大和

2 今後の方向性

県立高校改革実施計画(Ⅱ期)として、あらためてエントリー校を指定します。エントリー校については、県教育委員会が支援を行いながら、5つの指標の達成状況に応じて、該当校があれば年度ごとに随時学力向上進学重点校に指定していきます。

問合せ先

神奈川県教育委員会教育局指導部高校教育課

課長 増田 電話045-210-8240
専任主幹(教育指導担当) 松本 電話045-210-8243