令和3年度 受動喫煙防止キャンペーン

掲載日:2021年11月8日

神奈川県では、平成22年4月に施行した「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」の周知活動として、「吸わない人には、吸わせない。神奈川からなくそう、受動喫煙。」をキャッチフレーズに、受動喫煙防止県民向けイベントを展開してきました。

Withコロナ時代の新たなキャンペーンとして、令和3年度も引き続きデジタル媒体を中心とした新しい手法のキャンペーンを行うこととしました。

キャンペーン期間

令和3年11月21日(日曜)から11月28日(日曜)

テーマ

子どもをたばこの煙から守ろう!

たばこの煙は、健康に様々な悪影響を与えます。特に子どもは発達段階にあり、その影響も大きいことから、子どもをたばこの煙から守ることは大切です。しかし、子どもは自分だけでその身を守ることはできません。親世代・祖父母世代の大人が、子どもたちを守るために何ができるのか、何を知っていなければならないのか、キャンペーンを通じてお伝えします。

キャンペーン内容

「#望まない受動喫煙」、「STOP!受動喫煙」、「周囲への配慮を」

キャンペーンでは、

  1. 健康増進法が改正されて喫煙マナーはルールに変わったこと
  2. あなたの煙が周囲の人を傷つけているかもしれないこと
  3. 特に子どもたちに対してたばこの煙を届かせないよう喫煙時に配慮が必要なことを、

次の3種類のポスターを中心にお知らせします。

厚労省コラボポスターSTOP!周囲への配慮

PDF版はこちら
#望まない受動喫煙(PDF:167KB) STOP!(PDF:141KB) 周囲への配慮(PDF:502KB)

このポスターは、県内の各保健福祉事務所・センターのほか、各市町村の施設、協力企業・団体において掲示されます。
関係機関、協力団体・企業のみなさまには、この場を借りてお礼申し上げます。

かながわ卒煙塾「コロナ禍の今がチャンスです!禁煙するのは!!」

キャンペーンに先立ち、かながわ健康財団において、個人向けの「かながわ卒煙塾」を開催します。専門家の講義に加え、その後のフォローも受けることができます。Zoomでの参加もできますので、是非ご参加ください。申し込みは先着順となります。

参加方法について、今回は都合によりZoomを中止とさせていただきました。対面のみでの参加となります。

卒煙塾

チラシ全体版はこちら(表(PDF:717KB))(裏(PDF:451KB)
裏面が申込書となっています。
詳しくは、かながわ健康財団にお問い合わせください。

「卒煙」にチャレンジ(動画紹介)

コロナ禍において、ストレスから喫煙の本数が増えていませんか?喫煙はあなた自身の健康を害するだけでなく、家族や友人などの大切な人の健康も害するおそれがあります。将来の自分のため、周りの大切な人たちのため、呼吸器疾患と関連が深い新型コロナウイルスが広がっている今こそ、卒煙にチャレンジする機会です。久しぶりに顔を合わせた友人同士の1シーンを切り取った動画をYouTubeに掲載しています。

動画サムネイル

動画はこちら(ショートver.)(ロングver.
※ かなチャンTV(YouTube)でも公開しています。

卒煙へのチャレンジについては、こちらのページもご覧ください。

令和2年4月からの健康増進法について

望まない受動喫煙を防止するための取組みは、マナーからルールへと変わりました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

スモークフリー(他人のたばこの煙を吸わされない)を目指して

スモークフリーとは“煙から解放されて自由になる”という意味で、他人のたばこの煙を吸わされないことを意味しています。スモークフリー基金については、こちらのサイトをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。