神奈川県と朝日生命保険相互会社は「未病改善の推進等に関する連携協定」を締結しました

掲載日:2020年9月1日
2020年09月01日
記者発表資料

神奈川県と朝日生命保険相互会社は、県民の健康寿命の延伸を図り、誰もがいきいきと暮らせる社会の実現に向け、未病対策の推進に相互に連携・協力して取り組むため、協定を締結しました。

1 朝日生命保険相互会社について

 朝日生命保険相互会社は、経営の基本理念「まごころの奉仕」のもとに、生命保険事業を通じた商品やサービスの提供により、健康増進に積極的に取り組み、地域社会への貢献活動を行っています。

 

2 主な連携内容

(1)未病改善全般の普及啓発に関すること
(2)たばこ対策の普及啓発に関すること
(3)がん検診受診を始めとしたがん対策全般の普及啓発に関すること
(4)特定健診受診の普及啓発に関すること
(5)風しん撲滅作戦の推進に関すること
(6)認知症施策の普及啓発に関すること
(7)介護現場の魅力発信に関すること
(8)その他必要と認める事項

 

(添付資料)

 ・神奈川県と朝日生命保険相互会社との未病改善の推進等に関する連携協定書(PDF:89KB)(別ウィンドウで開きます)
 ・協定に基づく当面の具体的な取組(PDF:109KB)(別ウィンドウで開きます)

 

ME-BYO(未病)とは

「未病」とは、健康と病気を二分論の概念で捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念です。

gainen

未病改善3つの取組

未病改善の基本は「食」「運動」「社会参加」の3つの取組です。
「食」は、毎日の食生活を見直し、健康的な食生活へ改善すること。オーラルフレイル(注釈)対策も重要です。
「運動」は、日常生活にスポーツや運動を取り入れること。質の良い睡眠も重要です。
「社会参加」は、ボランティアや趣味の活動等で他者と交流し、社会とのつながりを持つこと。
(注釈) 心身の機能の低下につながる口腔機能の虚弱な状態

torikumi

 

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部健康増進課

課長 樋口
電話045-210-4770

課長代理(未病対策担当) 釆女
電話045-210-4746

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。