紅葉ケ丘まいらん「県立青少年センターで前川建築を学ぶ

掲載日:2019年9月1日

概要

西区紅葉ケ丘にある5つの公共文化施設「まいらん」が連携して紅葉ケ丘の新しい魅力を発信します。当館は戦後モダニズム建築の旗手とされる前川國男の設計により1962年に竣工。コンクリートの箱をくりぬいて作ったような大胆な建物と大きな庇が特徴的です。

2019年10月11日(金曜日)に、第1部たてものツアー、第2部講演会を開催します。

青少年センター全景

青少年センター全景

 ※「まいらん」とは、県立音楽堂(Music Hall)、県立青少年センター(Youth Center)、県立図書館(Library)、横浜市民ギャラリー(Art Gallery)、横浜能楽堂(Noh Theater)の名称の頭文字MYLANをひらがなで表したものです。

 

開催期間

2019年10月11日(金曜日)

第1部 午後2時から午後4時15分

第2部 午後6時30分から午後8時

 

開催場所

名称 神奈川県立青少年センター
所在地 横浜市西区紅葉ケ丘9-1
電話番号

045-263-4400

ファクス番号

045-241-7088

 

内容

第1部「たてものツアー」

センターの「たてものツアー」と「舞台バックヤードツアー」を実施。10人以下のグループに分かれ、建物の外部と内部を歩いて見学します。所要時間はたてもの30分程度、舞台バックヤード30分程度。各グループとも両方を見て回ります。

終了後、ご希望の方を横浜市民ギャラリーのギャラリーツアーへご案内します。

 

第2部「紅葉ケ丘の前川建築を語る」

株式会社前川建築設計事務所 橋本所長による講演

 

チラシのPDF画像は、次のリンクからお開きください。別ウィンドウで開きます。表と裏は別の画像です。

横浜市民ギャラリーのウェブサイトは、次のリンクからお開きください。別ウィンドウで開きます。

チラシ(表)の画像(PDF:571KB)、 チラシ(裏)の画像(PDF:62KB)

横浜市民ギャラリーの公式ウェブページ

 

対象

どなたでも参加できます。ただし、建物の内部は階段の昇降があります。また、暗いところ、狭いところを通ります。

 

募集人数

第1部60名、第2部60名 応募多数の場合は抽選

 

申込方法

【申込期間】2019年7月26日金曜日から9月13日金曜日

(1)イベント名、(2)第1部または第2部の別、(3)郵便番号、住所、(4)氏名(ふりがな)、(5)電話番号、(6)人数(2名まで)、を明記のうえ、次のいずれかの方法によりお申込みください。

・電子申請(当センターの参加申込フォーム)

 ※下部の申込フォームへのリンクからお申込できます。フォームの画面の「電子申請(画面入力)」のボタンを押すと、入力画面が開きます。

 ※チラシ裏面の参加申込書に記入し、FAXで申込みもできます。

・はがき(宛先 〒220-0044横浜市西区紅葉ケ丘9-1)

・ファクシミリ(送信先 045-241-7088)

申込フォームへのリンク

主催者等

神奈川県立青少年センター (協力:ボランティアグループbridge)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。