ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 県農業技術センターで育成したウメ新品種「翠豊(すいほう)」の花が満開を迎えます!

更新日:2022年2月21日

ここから本文です。

県農業技術センターで育成したウメ新品種「翠豊(すいほう)」の花が満開を迎えます!

2022年02月21日
記者発表資料
(県政・平塚・秦野・藤沢・小田原記者クラブ同時発表)

神奈川県農業技術センターが育成したウメ新品種「翠豊(すいほう)」(令和3年3月15日品種登録出願)の白い花が、満開を迎えます。今後は、6月上旬から収穫期となりますので、ウメ生産者を対象に見学会を開催し、生産現場への導入を進めていきます。

1 品種の特徴

梅酒用として、県内の主要品種である「白加賀(しろかが)」と同じ青ウメ品種です。

収穫期は「白加賀」と同じ6月上旬ですが、開花は「白加賀」より10日程度早い2月20日頃です。

収穫量は毎年安定しており、「白加賀」の2倍以上です(約2.5t/10a)。

果実は「白加賀」と同じくらいの大きさ(32g/果)で、ヤニ果の発生が少なく、綺麗な果実が多く収穫できます。

※ヤニ果とは、果実の表面にゼリー状のヤニが付いた果実のこと。

 翠豊 花翠豊 果実

2 今後の予定

県内の果樹生産者で組織する「神奈川県果樹組合連合会」(事務局:神奈川県園芸協会)の会員であるウメ生産者を対象に、4月頃から見学会を開催します。

見学会でウメ生産者の栽培意向等を確認し、生産現場への導入を進めていきます。

問合せ先

神奈川県農業技術センター

生産技術部長 藤代 

電話0463-58-0333(内線320)

果樹花き研究課長 栁下 

電話0463-58-6901

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 農業技術センターです。