平成17年度オープンラボの実績

掲載日:2021年5月26日

当所には植物の組織培養技術を多くの方に習得していただくための施設として解放実験室(オープンラボ)が設置されています。

培養作業

オープンラボには、組織培養を行うのに必要なクリーンベンチ、オートクレーブ、実体顕微鏡、人工気象器などが整備されており、これまでに無菌操作などの組織培養に関する基本技術の研修や花き類の大量増殖、ウイルスフリー化などの技術支援を行ってきました。

平成17年度には、ユリやランなどの増殖に取り組ましましたのでご紹介します。

ユリには栽培しやすい交配種がありますが、日本各地に多くの自生種があります。これらの一部について培養による増殖を行っています。

ユリユリ1

培養中のユリ

交雑種子を無菌播種して育成したシンビジウムを増殖しているところです。培養により効率的に増殖することができます。

シンビジウム

増殖中のシンビジウム

なお、これらはいずれも横浜及び平塚市内の生産者が行なっているものです。このような技術に感心のある方は農業技術センターまでお問い合わせ下さい。