村岡・深沢地区のヘルスイノベーション最先端拠点形成等に向け3つの分科会により研究を推進
~5者覚書に基づく取組状況について~

掲載日:2021年4月21日
2021年04月21日
記者発表資料

神奈川県、藤沢市、鎌倉市、湘南ヘルスイノベーションパーク及び湘南鎌倉総合病院の5者は、令和元年5月15日に、「村岡・深沢地区のヘルスイノベーション最先端拠点形成等に係る連携・協力に関する覚書」を取り交わし、ヘルスイノベーションの最先端拠点形成等の推進を通じて、持続可能な地域社会のリーディングエリアの構築とともに健康寿命の延伸やヘルスケア分野の産業創出を図ることについて研究を進めています。

この5者覚書に基づく取組状況について、別紙のとおり、お知らせいたします。

別紙(PDF:450KB) 

別紙の概要 

1 目的及び連携・協力事項

2 事務局会合による取組

3 具体的なアクションプラン等に係る研究の推進

(1)次世代健康管理分科会

(2)ヘルスケアMaaS分科会

(3)スポーツ振興分科会

4 今後について

 

※ 5者において、同時に同様の発表を行っています。

 

問合せ先

政策局いのち・未来戦略本部室

ライフイノベーション担当課長 穂積
電話 045-285-0038

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。