県とSDGs推進協定締結企業が、バリアフリー情報のオープンデータ化・活用推進に協力します!

掲載日:2021年4月9日
2021年04月09日
記者発表資料

いのち輝く神奈川の実現に向けては、誰もが積極的に社会参加できる環境が重要になります。
本県と、SDGs推進協定を締結している株式会社横浜銀行、京浜急行電鉄株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、小田急電鉄株式会社の4社が、国土交通省が進めている歩行者移動支援サービス(※1)に関するデータサイト(※2)に対して保有するデータを提供し、このたび公開される運びとなりましたので、お知らせします。

1提供した経緯

SDGsが掲げる「誰ひとり取り残さない」持続可能な社会の実現に向けては、バリアフリー情報のオープンデータ化・活用を推進し、障がい者や高齢者をはじめ誰もが不自由なく移動できる環境の実現が必要です。そこで、本県からSDGs推進協定を締結している上記の4社に呼びかけたところ、各社から賛同いただきました。

2提供したデータ

08953829

(バリアフリー情報詳細)

  • 施設の出入口:段差の有無、スロープの有無、車いすで通行可能な幅の有無
  • 多機能トイレ:車いす利用者対応、オストメイト対応、おむつ交換台の有無
  • エレベーター:車いす利用者対応、視覚障がい者対応
  • 駐車場:優先駐車場の有無
  • 視覚障がい者誘導ブロック 等

(※1)ユニバーサル社会の構築に向け、様々な場面における利用者の情報ニーズに答え、移動経路や地域情報等を提供できるサービス。国土交通省が、ICTを活用した歩行者移動支援を推進する「バリアフリー・ナビプロジェクト(事務局:株式会社NTTデータ経営研究所)」の一環として行っている。

(※2)歩行者移動支援サービスに関するデータサイト

https://www.hokoukukan.go.jp/top.html

(添付資料)

・株式会社横浜銀行プレスリリース(PDF:150KB)(別ウィンドウで開きます)

・株式会社NTTデータ経営研究所プレスリリース(PDF:491KB)(別ウィンドウで開きます)

問合せ先

神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室

SDGs連携担当課長 湊 電話 045-285-1052

SDGs連携グループ 長谷川 電話 045-285-0909

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。