ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 神奈川県と健康長寿産業連合会は健康経営の推進に関する覚書を締結しました

更新日:2022年2月2日

ここから本文です。

神奈川県と健康長寿産業連合会は健康経営の推進に関する覚書を締結しました

2022年02月02日
記者発表資料

SDGs

神奈川県と健康長寿産業連合会は、健康長寿社会の実現に向けて、健康経営Ⓡ(注記)に関し、連携・協力するため、覚書を締結しました。
本覚書の締結により、神奈川県は、健康長寿産業連合会が有する会員企業のネットワークや健康経営の推進に関する知見を活かしながら、県内企業等への健康経営の浸透を図ってまいります。

1 当面の主な連携・協力事項

(1)県内企業等の健康経営の普及・啓発及び推進に関すること
(2)県内外で利用可能な健康経営を推進する手法の構築に関すること
(3)未病産業(健康寿命延伸産業)の活性化に対し神奈川県及び健康長寿産業連合会が必要と認める事項に関すること

2 健康長寿産業連合会について

 健康長寿産業連合会は、企業・業界団体が主体となった産業間交流の場をつくり、日本における健康長寿産業の振興とこれによる公的医療・介護に関わる社会保障の適正化等を目的として、令和元年10月1日に設立されました。令和4年1月1日現在で、37社(企業)、3団体(業界団体)、3市(自治体)が参加しています。
 健康経営の推進に係る活動としては、分科会を通じ、健康経営を政策として推進する国・自治体・支援団体、実際に取り組む企業・保険者、それを支援する医療関係者・健康長寿産業企業と連携しながら、課題の整理とあるべき姿の追求、先進事例の普及・啓発に取り組んでいます。

(添付資料)

資料1 健康経営の推進に関する神奈川県と健康長寿産業連合会との覚書(PDF:129KB)
資料2 (別紙)当面の具体的な連携・協力事項(PDF:100KB)

 

SDGsの推進について
県では、SDGsの達成にもつながる取組として、企業や団体が事業所に健康管理最高責任者(CHO)を設置し、従業員やその御家族の健康づくりを行う、いわゆる健康経営を進めるCHO構想に取り組んでいます。

Goal3 Goal8 Goal17

(注記)「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

問合せ先

神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室
未病産業担当課長 長澤 電話045-285-0156
未病産業グループ 浅井 電話045-210-2715

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。