習慣化アプリで医療・福祉従事者を応援!

掲載日:2020年12月20日

新型コロナウイルス感染症対策を「歩いて」応援しよう!

エーテンラボ株式会社は、県の神奈川ME-BYOリビングラボを活用して「ピアサポートアプリ『みんチャレ』の社会実装モデルに関する実証事業」を推進しています。このたび同社は、実証事業の一環として、習慣化アプリを活用して主体的に生活習慣を改善する参加者の取組みが、新型コロナウイルス感染症対策の最前線で「いのちを守る」仕事に当たる医療・福祉従事者への応援につながる新たな寄附プロジェクトを立ち上げましたので、お知らせします。

minchareflow

1.プロジェクトの概要

(1)実施者:エーテンラボ株式会社(東京都渋谷区)
(2)寄附先:かながわコロナ医療・福祉等応援基金
URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/r5k/covid-19_donation.html(別ウィンドウで開きます)
(3)目標:アプリ内で、習慣化にチャレンジすると発行されるコインの寄附(一人が寄附できる最小寄附単位は100コイン)を集い、みんなで10,000コインを貯めたら医療用マスク1枚に換算して寄附します。合計1,000枚相当分の金額の寄附を目指します。
【コイン付与の例】
・チャレンジ写真を投稿してチームメンバー1人にOKボタンを押してもらえたら1コイン
・その他、全員達成や連続達成などでボーナスコイン
(4)参加者:制限なし。ただし、神奈川ME-BYOリビングラボ実証事業に参加する12市町の国民健康保険被保険者等については、通常3か月で1,500円かかるアプリの有料機能が今なら無料で使用できます。
【実証事業】ピアサポートアプリ「みんチャレ」を活用した行動変容による生活習慣改善事業
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/bs5/prs/r7832115.html(別ウィンドウで開きます)
(令和2年11月5日県記者発表)
(5)参加者が行うこと
ア「みんチャレ」をダウンロード(実証事業への参加に同意)
イ目標体重、目標歩数を目指して「歩く」。毎日1回「写真」と「歩数」を所属チームに投稿
ウコインをゲット。貯まったコインを寄附
kifu
*人の行動変容を促す仕掛け(行動経済学、ナッジ理論適用)をアプリ実装
<実証事業参加の問い合わせ先>エーテンラボ株式会社 E-Mail:contact@a10lab.com

2.実証事業への参加方法

実証事業への参加はこちらから

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」の使い方はこちら(PDF:1,252KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa