県職員の新型コロナウイルス感染症の感染について

掲載日:2021年7月15日
2021年07月15日
記者発表資料

神奈川県職員が新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。
県では、感染拡大を防ぐとともに、県民のみなさまが行政サービスを安心して受けられるよう、必要な対応をしてまいります。

【患者概要】

1 職員A
(1)年代:40歳代
(2)性別:男性
(3)居住地:秦野市
(4)所属:緑県税事務所(横浜市青葉区)
(5)担当業務:庶務・管理業務
(6)症状、経過
 7月12日 通常勤務、夕方37度の発熱、帰宅後38.9度の発熱
 7月13日 朝37.8度の発熱、同日、医療機関でPCR検査を受検
 7月14日 PCR検査の結果、陽性が判明
 (注記)保健所は、7月12日を発症日としていることを確認
(7)行動歴
 7月12日まで通常勤務、7月13日以降は出勤していない。
 (注記)職員は、勤務中及び休憩中は常にマスクを着用し、感染防止措置を実施
(8)所属内濃厚接触者 なし

2 職員B
(1)年代:30歳代
(2)性別:男性
(3)居住地:川崎市高津区
(4)所属:緑県税事務所(横浜市青葉区)
(5)担当業務:庶務・管理業務
(6)症状、経過
 7月11日 朝発熱症状あり。自宅療養
 7月12日 朝38度の発熱、医療機関で薬を処方され自宅療養
 7月13日 朝37.4度、症状が改善せず、医療機関でPCR検査を受検
 7月14日 PCR検査の結果、陽性が判明
 (注記)保健所は、7月11日を発症日としていることを確認
(7)行動歴
 7月9日まで通常勤務、7月12日以降は出勤していない。
 (注記)職員は、勤務中及び休憩中は常にマスクを着用し、感染防止措置を実施
(8)所属内濃厚接触者 なし

3 職員C
(1)年代:40歳代
(2)性別:女性
(3)居住地:横浜市旭区
(4)所属:消費生活課(横浜市神奈川区)
(5)担当業務:消費生活相談員
(6)症状、経過
 7月9日 家族が発熱のため医療機関でPCR検査を受検
 7月10日 家族の陽性が判明、職員は濃厚接触者に該当
 7月12日 職員が医療機関でPCR検査を受検(症状はなし)
 7月14日 職員の陽性が判明
 (注記)保健所は体温の推移から7月7日を発症日としていることを確認
(7)行動歴
 7月8日まで通常勤務、7月9日以降は出勤していない。
 (注記)職員は、勤務中及び休憩中は常にマスクを着用し、感染防止措置を実施
(8)所属内濃厚接触者 なし

 

【感染拡大防止に向けた対応】

 感染が確認された職員が勤務している執務室等の消毒を実施
 (注記)患者・ご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

問合せ先

【緑県税事務所職員について】
 神奈川県総務局
 管理担当課長 増田 電話045-210-2122
【消費生活課職員について】
 神奈川県くらし安全防災局
 管理担当課長 長澤 電話045-210-3411