ホーム > 観光・名産 > 観光・レジャー > 観光・名所 > 神奈川県宿泊施設感染症対策等事業費補助金について > 「感染防止対策に必要となる設備等の導入事業」の補助対象経費

更新日:2021年9月16日

ここから本文です。

「感染防止対策に必要となる設備等の導入事業」の補助対象経費

こちらのページでは、神奈川県宿泊施設感染症対策等事業費補助金の2つの補助対象事業である「1 感染防止対策に必要となる設備等の導入事業」と「2 新たな需要に対応するための体制整備事業」のうち、「1 感染防止対策に必要となる設備等の導入事業」に関する情報をご案内しています。

神奈川県宿泊施設感染症対策等事業費補助金について

「2 新たな需要に対応するための体制整備事業」の補助対象経費について

 

「感染防止対策に必要となる設備等の導入事業」の補助対象経費

感染拡大防止のために導入する、次の経費のみが対象となります。(限定列挙)

消耗品は*が付記された6項目でかつ、令和2年度分のみが補助の対象となります

消毒・衛生関係

  • ア 手指の消毒設備
  • イ 消毒液、除菌液(アルコール液、次亜塩素酸水、亜塩素酸水、界面活性剤含有洗浄剤、漂白剤)
  • ウ 消毒用清拭用ペーパー
  • エ 使い捨てコップ、皿、箸
  • オ 食器保護カバー(容器のふた、ふた付き容器)
  • カ アクリル板
  • キ 透明ビニールカーテン
  • ク 体温計
  • ケ サーモカメラ
  • コ ビニールシート
  • サ 除菌マット
  • シ マスク
  • ス パーテーション
  • セ フェイスシールド
  • ソ 使い捨て手袋
  • タ 洗面所等でのペーパータオル設備
  • チ 自動水栓装置
  • ツ 自動ソープディスペンサー
  • テ 加湿器
  • ト 空気清浄機
  • ナ 空気清浄機付き空調機
  • ニ 換気用扇風機、サーキュレーター
  • ヌ 換気機能付き空調機
  • ネ その他換気設備
  • ノ オゾン発生装置
  • ハ 除菌剤の噴霧装置
  • ヒ 紫外線照射機
  • フ ア~ヒの品目(機器・装置)の改良、設置に係る費用
  • ヘ 施設の抗菌化(壁紙、塗装等)
  • ホ 専門家による感染症対策に係る検証に要する経費

混雑の「見える化」システム

  • マ カメラ、モニター等機器購入
  • ミ ネットワーク回線設置費用
  • ム マ、ミの設置工事費(ルート調査、配線工事、設置費等)
  • メ CO2濃度測定器

非接触設備

  • モ モバイル端末等による非接触型チェックイン、チェックアウトシステム
  • ヤ 宿泊カードのオンライン化(電子宿泊台帳など)
  • ユ 生体認証やモバイル端末によるキーレスシステム
  • ヨ カード決済による非対面決済(カード決済端末など)
  • ラ セルフレジの設置
  • リ 人感センサー付き照明器具の設置
  • ル ドアの改修(自動ドア、レバー式ドアノブ導入)
  • レ 施設内のソーシャルディスタンス確保のための改修工事

attention国、地方公共団体の補助金の交付(支払い)を受けている事業は申請できません。

例)「令和2年度神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金」

「令和2年度・令和3年度神奈川県中小企業・小規模企業感染症対策事業費補助金」

※ 「ネ その他換気設備」とは、換気扇や全熱交換器の導入、新たな窓枠設置等を外注工事で実施することをいいます。なお、換気設備の清掃作業(フィルター交換含む)や修理は補助対象となりません。

※ 扇風機、サーキュレーターは、換気のために導入し、主な機能が送風である機器が対象です。(主な機能が冷暖房である機器は対象となりません)

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止と直接関係なく、通常の営業活動のための設備投資の費用、単なる取替えや更新のための物品購入や修理は補助対象となりません。

※ 施設の清掃費及び清掃・除菌作業に伴う人件費は対象となりません。

※ 抗ウイルス、除菌などが期待される品目については、メーカーの仕様書等により根拠が確認出来るものに限り、対象となります。

※ 宿泊施設にテナントとして入居している店舗について、入居するテナントが所有、負担している設備等は対象となりません。

※ 申請対象施設である宿泊施設と一体として運営されている、宿泊者が利用する施設(レストラン、お土産屋、ジム、宴会場、その他の施設)について、補助申請者が負担した経費は補助の対象となります。

詳細については募集要領をご確認ください。

神奈川県宿泊施設感染症対策等事業費補助金【募集要領】(PDF:1,577KB)

このページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 観光課です。