国登録有形文化財(建造物)等に係る答申について

掲載日:2020年11月20日
2020年11月20日
記者発表資料
(川崎市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、海老名市、中井町及び箱根町同時発表)

国の文化審議会(会長:佐藤 信)は、11月20日(金曜日)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、県立スポーツセンター(藤沢市)に所在する「旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(グリーンハウス)」ほか7件を登録有形文化財(建造物)に登録し、「震生湖」(秦野市・中井町)を国登録記念物に登録し、「神仙郷」(箱根町)を国指定名勝に指定するとともに、国指定史跡「橘樹官衙遺跡群」(川崎市)ほか1件について指定地の範囲を追加するよう、文部科学大臣に対して答申しました。
国登録有形文化財(建造物)への登録を答申された8件、国登録記念物への登録を答申された1件、国指定名勝への指定を答申された1件及び指定地の範囲を追加するよう答申された国指定史跡2件の概要は、次のとおりです。
今回の答申のとおり告示されると、本県の国登録有形文化財(建造物)は累計で281件(147 箇所)、国登録記念物は累計で9件(遺跡関係2件、名勝地関係5件、動物植物地質鉱物関係2件)、国指定「史跡名勝天然記念物」は累計で73件(史跡60件、史跡及び天然記念物1件、名勝4件、名勝及び史跡2件、天然記念物6件)となります。
なお、本件につきましては、国(文化庁)のほか、川崎市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、海老名市、中井町及び箱根町においても同時に発表されます。

1 登録有形文化財(建造物)の新登録

旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(グリーンハウス)(きゅうふじさわかんとりーくらぶくらぶはうす(ぐりーんはうす))

(所在地)藤沢市善行
(所有者)神奈川県
(建築年代)昭和7年/令和2年改修
(数量)1件(1箇所)
(特徴等)アントニン・レーモンド設計。県立スポーツセンター内に所在。切妻造三階建の正面に車寄(くるまよせ)を張り出し、背面に二階建をのばす。車寄などの開口部の半円アーチによる構成、青緑色のスパニッシュ瓦葺屋根など、全体をスパニッシュでまとめる。戦前のゴルフクラブハウスとして希少。
(基準)登録有形文化財登録基準2号該当(造形の規範となっているもの)
※取材連絡先:神奈川県スポーツ局スポーツ課 電話 045-285-0791
旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス 旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(グリーンハウス).jpg
旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(グリーンハウス)

 福岡家住宅橐駝庵(ふくおかけじゅうたくたくだあん)

(所在地)藤沢市辻堂
(所有者)個人
(建築年代)大正5年頃
(数量)1件(1箇所)
(特徴等)土佐藩出身の政治家福岡孝弟(たかちか)の茅葺き別荘。板間と和室からなり、豪壮な梁組とともに竹や丸太材を用いる等、民家風に数寄屋(すきや)趣味を加味した風趣(ふうしゅ)ある造りで、戦前の別荘の様相を伝える。
(基準)登録有形文化財登録基準1号該当(国土の歴史的景観に寄与しているもの)
※取材連絡先:藤沢市生涯学習部郷土歴史課 電話 0466-27-0101
福岡家住宅.jpg 福岡家住宅.jpg
福岡家住宅橐駝庵(藤沢市教育委員会提供)

龍口寺妙見堂(りゅうこうじみょうけんどう)
龍口寺大書院(りゅうこうじだいしょいん)
龍口寺鐘楼(りゅうこうじしょうろう)
龍口寺手水舎(りゅうこうじちょうずしゃ)

(所在地)藤沢市片瀬
(所有者)宗教法人龍口寺
(建築年代)妙見堂:享保5年(1720 年)/明治後期改修
大書院:昭和7年
鐘楼:明治 14 年/昭和 44 年移築
手水舎:慶応3年(1867 年)
(数 量)4件(1箇所)
(特徴等)日蓮が遭遇した「龍(たつ)の口の法難」由緒地所在の日蓮宗寺院。
妙見堂は本堂に向かう参道の西側に東面して建つ。桁行四間梁間三間、入母屋造銅板葺(いりもやづくりどうばんぶき)、向拝(こうはい)付で正面と北側面に縁(ふち)を廻(めぐ)らす。内部は一室で格天井(ごうてんじょう)を張り、後方一間を仏壇として塗装などで荘厳し、妙見菩薩像(みょうけんぼさつぞう)を安置する。
大書院は境内南東に建つ。入母屋造妻入の正面に切妻造の平屋と入母屋造庇付の式台(しきだい)を張り出すなど巧みに屋根を重層させた豪壮な外観とする。一階に大小六室を配し、二階は大広間二室で折上格天井(おりあげごうてんじょう)の広闊(こうかつ)な空間とし、室ごとに異なる意匠の座敷飾を備えた大規模な接客施設。
鐘楼は本堂南東の基壇(きだん)に南北棟で建つ。入母屋造本瓦葺、吹放(ふきはな)し形式の鐘楼。長方形平面で規模が大きく、軸部は禅宗様を基調とし、四本の丸柱を内転(うちころ)びに立て、組物は三斗(みつど)詰組(つめぐみ)とする。虹梁(こうりょう)形内法貫(うちのりぬき)と頭貫(かしらぬき)の間に蟇股(かえるまた)を飾り格天井を張る。意匠簡明ながら力感のある鐘楼。
手水舎は妙見堂の向いに南北棟で建つ。桁行八尺梁間七尺、起(むく)り付きの切妻造桟瓦葺(さんがわらぶき)。禅宗様を基調とし組物は出組(でぐみ)詰組。内転びの四本の角柱(かくばしら)や頭貫に地紋彫(じもんほり)を施し、木鼻(きばな)に波に亀、妻飾に丸彫で雲龍の彫刻を飾る等、幕末らしい技巧性が随所にみられる手水舎。
(基準)登録有形文化財登録基準1号該当(国土の歴史的景観に寄与しているもの)
※取材連絡先:藤沢市生涯学習部郷土歴史課 電話 0466-27-0101
龍口寺妙見堂.jpg 龍口寺妙見堂.jpg
龍口寺妙見堂(藤沢市教育委員会提供)
龍口寺大書院.jpg 龍口寺大書院.jpg
龍口寺大書院(藤沢市教育委員会提供)
龍口寺鐘楼.jpg 龍口寺鐘楼.jpg
龍口寺鐘楼(藤沢市教育委員会提供)
龍口寺手水舎.jpg 龍口寺手水舎.jpg
龍口寺手水舎(藤沢市教育委員会提供)

嶋﨑家住宅主屋(しまざきけじゅうたくおもや)
嶋﨑家住宅離れ(しまざきけじゅうたくはなれ)

(所在地)海老名市上郷
(所有者)個人
(建築年代)主屋:明治後期/大正15 年・昭和50年・昭和57年改修
離れ:昭和3年
(数量)2件(1箇所)
(特徴等)主屋は相模川左岸の集落の敷地に東面して建つ。入母屋造銅板葺の周囲に下屋(げや)を廻らす。軸部重厚で施工も洗練された、近代の上質な民家建築。
離れは主屋の北東側に廊下を介して東西棟で建つ。平屋建、入母屋造銅板葺で下屋を廻らす。四方柾(しほうまさ)の杉材など材料を吟味し、意匠を凝らした離れ。
(基準)登録有形文化財登録基準1号該当(国土の歴史的景観に寄与しているもの)
※取材連絡先:海老名市教育委員会教育部教育総務課 電話 046-235-4925
島﨑家住宅主屋.jpg 島﨑家住宅主屋.jpg
嶋﨑家住宅主屋(海老名市教育委員会提供)
嶋﨑家住宅離れ.jpg 嶋﨑家住宅離れ.jpg
嶋﨑家住宅離れ(海老名市教育委員会提供)

2 登録記念物の新登録

震生湖 (しんせいこ)

(所在地)秦野市今泉1228番1ほか37筆
足柄上郡中井町境別所172番ほか11筆
(登録面積)32,538.71 平方メートル
(概要)大正12年に発生した関東大地震で生じた堰き止め湖である。当時、地震による崩壊地が多数生じたが現存するものは希有。震生湖では現在も崩壊痕地、移動土塊、湖面を一体として確認できる。地震にともない、地塊(ちかい)運動が生じることを現在に伝える貴重な資料である。
※取材連絡先:秦野市文化スポーツ部生涯学習課 電話 0463-87-9581
中井町教育委員会生涯学習課 電話 0465-81-3907
震生湖.jpg 震生湖.jpg
震生湖 秦野市側から(秦野市提供) 震生湖 中井町側から(中井町教育委員会提供)

3 名勝の新指定

神仙郷(しんせんきょう)

(所在地)足柄下郡箱根町強羅字強羅1300番85ほか3筆
(指定面積)12,392.93 平方メートル
(概要)昭和10年代から20年代にかけて、宗教家が強羅(ごうら)地区の地形と地質を活かして理想郷として整備した庭園。斜面に造られた様々な建物の周囲に園池や滝、石組を築き、また一部は現地の岩石をそのまま景観の要素としている。タケ類やコケ類等の植栽も特徴的である。
※取材連絡先:箱根町教育委員会生涯学習課 電話 0460-85-7601
神仙郷.jpg 神仙郷
神仙郷 観山亭からの景観 苔庭((株)エム・オー・エー商事提供)

4 史跡の追加指定

橘樹官衙遺跡群(たちばなかんがいせきぐん)

 (所在地)川崎市高津区千年字伊勢山台415番2ほか70 筆等(既指定地)
川崎市宮前区野川本町3丁目416-7ほか28 筆(追加指定地)
(指定面積)21,210.72 平方メートル(うち今回追加分 4,685.64 平方メートル)
(概要)古代武蔵国橘樹郡の官衙遺跡。7世紀後半における評の役所の可能性がある建物の出現から、郡家の成立及び廃絶に至るまでの経過をたどることができる希有な遺跡。7~10 世紀の地方統治拠点の実態とその推移を知る上で重要。今回、条件が整った部分を追加指定する。
※取材連絡先:川崎市教育委員会事務局生涯学習部文化財課 電話 044-200-3315
橘遺跡群
橘樹官衙遺跡群 影向寺遺跡北西側地区(川崎市教育委員会提供)

下寺尾西方遺跡(しもてらおにしかたいせき)

(所在地)茅ヶ崎市下寺尾字西方341番1ほか45筆等(既指定地)
茅ヶ崎市下寺尾字西方340番2ほか5筆(追加指定地)
(指定面積)48,713.90 平方メートル(うち今回追加分 691.66 平方メートル)
(概要)弥生時代中期後半に営まれた環濠集落跡。出土遺物には土器のほか石器と鉄器があり、利器が石器から鉄器へと移行していく時期の在り方を示す。南関東における拠点集落の一つであり、弥生時代中期社会の様相を知る上で重要。今回、条件が整った部分を追加指定する。
下寺尾西方遺跡.jpg
下寺尾西方遺跡 追加指定地の環濠(茅ヶ崎市教育委員会提供)

 

問合せ先

(文化財の登録・指定に関すること)

神奈川県教育委員会教育局生涯学習部文化遺産課

課長 河田 電話045-210-8350
調整・世界遺産登録推進グループ 谷口 電話045-210-8351

(旧藤澤カントリー倶楽部クラブハウス(グリーンハウス)に関すること)

神奈川県スポーツ局スポーツ課

課長 加藤木 電話045-285-0791
施設グループ 大野 電話045-285-0795