初期公開日:2022年9月15日更新日:2022年9月15日

ここから本文です。

エコ10だより 第170号

神奈川県内の環境に関する情報などを配信しているメールマガジン「エコ10だより」です。

エコ10だより第170号(2022年9月15日発行)発行:かながわ地球環境保全推進会議

メールマガジン「エコ10(てん)だより」は、マイエコ10宣言又は配信への御登録を行っていただいた皆様を対象に、環境に配慮した行動を自主的に実践する取組を広め、つなげていくことを目指して、かながわ環境活動支援コーナーが配信しています。

 

★「かながわ環境大使」白井貴子さんからのメッセージ★
神奈川県では、本県にゆかりのある著名人に「マイエコ10宣言」や地球環境保全の大切さを発信していただくため、「かながわ環境大使」として、藤沢市出身のアーティスト白井貴子さんに就任していただいています。
今号では、白井貴子さんから県民の皆さんにメッセージをいただきました。

~白井貴子 環境コラム(第13回)~

「命の水」を大切に!

 

秋らしい美しい月を拝む夜が増えましたね。
世界では豪雨や反対に「あのテムズ川の源流が枯渇!」という信じられない報道に「この地球は一体どうなってるの?!」と恐怖さえ感じる日々。
四季の移り変わりを肌で感じられるだけでホッとした気持ちになります。
「ホッとする」といえば、実はこの春、私の数え歳90歳の両親がなんと立て続けに他界し、先日、曽祖父が住職をしていた秦野のお寺で新盆の供養をしてもらいました。
まさに私のアルバムではありませんが「涙河」なこの数ヶ月を思うとホッとした瞬間でした。
その秦野、皆さんは神奈川県が誇る「湧水の都」というのをご存知でしょうか?
私はこの20数年ずっと「湧水」にハマっていて、静岡の柿田川、南伊豆の観音温泉、昨年は白馬の先、小谷村のまるでお出汁のようなミネラル満タンな温泉の味に拍手しました。
先日も供養の帰りに秦野街中にある「弘法の清水」(臼井戸)に行きました。
普通の住宅地の真横にこんこんと湧き出ていて、スッキリした素晴らしい味に驚きでしたが、その説明書きを読みさらにビックリ!

なんとこの清水、平成元年に「発癌性物質」が検出され、一時は飲めない状況になってしまったのだそう。
でもその物質の出どこを突き止め、なんと工場など45社を調査。全て元の状況に戻したのだそう。大変なご苦労だったと思います。秦野市民の皆さんの「清水愛」のおかげで今もこうして素晴らしい湧水が湧いているのだ!と思うと涙が込み上げてきました。
両親を急に亡くし涙も枯れてしまった私に再び大切な「命の水~涙」を与えてくれた秦野の大地「地球の恵み」は偉大です。
母に「最後の最後の地球のご馳走だよ!」そう言って「天然水」をあげた春。

皆さんも命の根源「水」を大切にしてくださいね。

~白井貴子さんプロフィール~
〇神奈川県藤沢市出身
〇1981年デビュー、女性ポップロックシンガーの先駆者的存在
〇2001年神奈川県の合唱曲「ふるさとの風になりたい」を作曲
〇2010年第61回神奈川県全国植樹祭テーマソング「森へ行こう!」リリース
〇2012年NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの皆さんとの活動とのテーマソング
「マッカチ・カニカニ音頭」リリース
〇エコロジックな生活を実践し、全国各地で環境に関する講演やイベント出演を行
う。

かながわ環境大使について

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f160341/messenger.html(別ウィンドウで開きます)
白井貴子さん公式ホームページ

http://www.takako-shirai.jp/index2.html(別ウィンドウで開きます)


<ニュース>

気象庁が6月下旬から7月の記録的高温と大雨の要因を発表

気象庁は6月下旬から7月初めの記録的高温などについて、日本付近で上層のジェット気流が北へ大きく蛇行した状態が長く続き、そこへ太平洋高気圧が侵入して留まったためであり、7月の大雨はジェット気流が日本の北側付近に留まり前線が停滞したため大雨となったことを発表しました。なお、ジェット気流が大きく蛇行する原因は、温暖化により北極圏の温度が大幅に上昇し、赤道付近との温度差が小さくなったことからジェット気流の勢い(速度)が落ちていることがあげられます。
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/22b/kentoukai20220822.pdf(別ウィンドウで開きます)


高潮に関する早期注意情報の運用開始(気象庁)

気象庁では、9月8日(木曜日)から、5日先までの警報級の高潮となる可能性を早期注意情報(警報級の可能性)として毎日発表します。
気象庁ホームページでは、「警報・注意報」の早期注意情報の欄で高潮の情報を閲覧できます。
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/23a/takashiosouki_20220823.html(別ウィンドウで開きます)


海洋研究開発機構(JAMSTEC)などが北極海氷の減少を説明する新たな
 メカニズムを提唱-メキシコ湾流温暖化による遠隔効果

CO2の増加に伴い北極域の氷が大幅に減少し、それが北半球の気温上昇や気候変動に大きく影響を及ぼしていますが、海洋研究開発機構などの研究機関はメキシコ湾流域における海面温度の上昇が大西洋側のバレンツーカラ海の冬季海氷を減少させていることを明らかにしました。
https://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20220715/(別ウィンドウで開きます)


四国最大の風力発電所が営業運転を開始

ユーラスエナジーが徳島県で建設を進めていた四国最大の風力発電所の営業運転が始まりました。設備容量は34,500kW(2,300kWの風車15基)で、一般家庭約20,000世帯相当分の電力を供給します。
https://www.eurus-energy.com/news/news-project/45422/(別ウィンドウで開きます)


広島市のバイオマス発電所が発生したCO2を回収し農業へ活用

広島市の西風新都バイオマス発電所(出力7100kW)では小型CO2回収装置(回収能力0.3トン/日)の設置を完了し、回収したCO2を同発電所内の農業ハウスでイチゴ栽培などに活用して、発電/CO2回収/農業利用という完全自己消費かつ循環型サイクルをすることを目指しています。
https://www.taihei-dengyo.co.jp/news/company/2022/06/co2_1.html(別ウィンドウで開きます)


JR西日本がディーゼル機関車へバイオ燃料導入の実証実験を開始

JR西日本は2050年にグループ全体のCO2排出量を「実質ゼロ」とすることを目指し、その一環でディーゼル機関車におけるバイオ燃料の導入に向けた実証実験を開始しました。
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220824_03_press_baio.pdf(別ウィンドウで開きます)


アカチャンホンポとピジョンが哺乳器を回収・再生する実証実験を開始

赤ちゃん本舗とピジョンは、使わなくなったピジョン哺乳器を関東エリアのアカチャンホンポ10店舗で回収しリサイクルする実証実験を11月30日まで行います。
https://www.akachan.jp/company/news_release/article/220818/(別ウィンドウで開きます)


共同印刷がフィルムレス包装紙を開発

現在流通している包装紙の多くは紙の表面にプラスチックフィルムが貼り合わされていますが、共同印刷はこのフィルムの代わりに樹脂をコーティングした包装紙を開発しました。これによりプラスチック使用量が大幅に削減され、紙のリサイクル性も向上します。
https://www.kyodoprinting.co.jp/release/2022/20220830-5924.html(別ウィンドウで開きます)


UCCグループがコーヒー豆の調達にサステナビリティ指針を策定

UCCはコーヒー豆の調達に関するサステナビリティ指針を策定しました。
「コーヒーの力で世界にポジティブな変化を」というビジョンのもと、2030年までに100%サステナブルなコーヒー豆の調達の実現を目指します。
https://www.ucc.co.jp/company/news/2022/rel220825a.html(別ウィンドウで開きます)


三洋化成工業が生分解性を持つコンパクト液体洗剤の基剤を開発

これまでの濃縮タイプのコンパクト液体洗剤は生分解性がありませんでしたが、三洋化学工業は濃度を高めても生分解性を持つコンパクト液体洗剤の基剤となる界面活性剤を開発しました。これにより下水処理が簡単になり、それにかかるエネルギーも削減されます。
https://www.sanyo-chemical.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/08/k20220825.pdf(別ウィンドウで開きます)


<イベント>

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、主催者がイベントを中止にすることが考えられますので、イベント実施の有無については、各イベントのホームページまで随時御確認ください。

お子様対象防災イベント『未来を守れinBOSEN』

日時:9月17日(土曜日)10時~16時
場所:横浜市民防災センター(沢渡中央公園)
主催:横浜市民防災センター
https://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/files/uploads/%E3%80%90A4S%E3%80%919%E6%9C%88%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf(別ウィンドウで開きます)


秋の自然観察会

日時:9月18日(日曜日)9時~12時
場所:都筑中央公園
主催:NPO法人都筑里山倶楽部https://tzksatokura.org/2022/09/01/9%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%a1%88%e5%86%85/(別ウィンドウで開きます)


茅ヶ崎里山公園から小出川のヒガンバナを楽しむ

日時:9月22日(木曜日)9時~12時30分
場所:湘南台駅西口交番前集合
主催:(公財)かながわトラストみどり財団
https://ktm.or.jp/event/22p-17/(別ウィンドウで開きます)


沿岸環境の変化と人間活動 10年後を見据えた課題と対応

日時:9月23日(金曜日)13時~17時
場所:オンライン開催

主催:日本学術会議地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会
https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/325-s-0923.html(別ウィンドウで開きます)


森のいきもの観察DAY 親子で楽しもう!

日時:9月23日(金曜日)10時~16時
場所:横浜自然観察の森
主催:(公財)日本野鳥の会
https://www.wbsj.org/activity/event/20220923-yokohama/(別ウィンドウで開きます)


薬草探索健康ウォーキング横浜

日時:9月25日(日曜日)9時30分~12時30分
場所:横浜市営地下鉄 中川駅前集合
主催:横浜市薬剤師会
https://www.hamaspo.com/search/event_result?eventsch_id=2842(別ウィンドウで開きます)


天神島ガイドツアー

日時:9月25日(日曜日)10時30分~11時30分
場所:天神島臨海自然教育園
主催:横須賀市自然・人文博物館
https://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp/archives/event/38015(別ウィンドウで開きます)


枝打作業【県民参加の森林づくり】

日時:9月28日(水曜日)8時30分~15時
場所:箱根町畑宿(県有林)
主催:(公財)かながわトラストみどり財団
https://ktm.or.jp/event/22k-10/(別ウィンドウで開きます)


脱炭素地域づくり連続ウェビナー〜気候変動政策を市民目線で視る〜
 【第3回】「脱炭素社会の鍵となる施策」

日時:9月30日(金曜日)19時30分〜21時
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2022-09-30(別ウィンドウで開きます)


BLUEエコノミーによる未来の水産業
 ~安全・安心な水産物の持続的な利用に向けて

日時:10月1日(土曜日)13時~16時45分
会場:JA共済ビルカンファレンスホール(東京都千代田区)
主催:長崎大学
https://project.nikkeibp.co.jp/event/nng221001/(別ウィンドウで開きます)


秋の野鳥観察会

日時:10月2日(日曜日)8時~11時
場所:都筑中央公園
主催:NPO法人都筑里山倶楽部
https://tzksatokura.org/2022/09/01/%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%a1%88%e5%86%85/(別ウィンドウで開きます)


土壌から考える気候変動と食糧危機

日時:10月5日(水曜日)18時~19時30分
場所:オンライン開催
主催:(公財)SOMPO環境財団
https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2022/06-2022-10-05/(別ウィンドウで開きます)


SDGsと環境問題~私たちが貢献するSDGs~

日時:10月1日、15日(土曜日)14時~15時30分
場所:オンライン開催、東洋大学白山キャンパス
主催:東洋大学社会貢献センター
https://www.toyo.ac.jp/news/SDGsnews/20220901koza/(別ウィンドウで開きます)


本当は怖いアメリカザリガニ-最悪の水辺の外来種について勉強しよう-

日時:10月16日(日曜日)9時30分~14時
場所:川崎市麻生区はるひ野
主催:県立生命の星・地球博物館
https://nh.kanagawa-museum.jp/www/contents/1641708651133/index.html(別ウィンドウで開きます)


サツマイモ収穫体験

日時:10月16日(日曜日)13時30分~14時15分、14時15分〜15時
場所:横浜市緑区新治町の畑
主催:新治恵みの里発展会
https://www.niiharu.link/(別ウィンドウで開きます)


気候変動の影響への適応 ランチタイムセミナー
第5回自然災害・沿岸域分野
「東北地方の気候変動と適応策~防災気象情報の使い方~」

日時:10月20日(木曜日)12時5分~12時55分
場所:オンライン開催
主催:環境省東北地方環境事務所
https://tohoku.env.go.jp/to_2022/post_317.html(別ウィンドウで開きます)


縄文の森を征く

日時:10月22日(土曜日)10時~12時30分
場所:町田市三輪フィールド
主催:樹木・環境ネットワーク協会
https://www.shu.or.jp/event/?i=220006(別ウィンドウで開きます)


かながわの地形地質観察会(4)
 三浦半島-三浦半島北部の地形・地質と石材

日時:10月23日(日曜日)10時~15時
場所:湘南鷹取山付近
主催:県立生命の星・地球博物館
https://nh.kanagawa-museum.jp/www/contents/1641956254693/index.html(別ウィンドウで開きます)


チューリップの球根植え付け

日時:11月5日(土曜日)2部制(9時~11時/11時~13時)
場所:横浜公園
主催:横浜市緑の協会
https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/midori/details/post-49.php(別ウィンドウで開きます)


お知らせ


知ってる?かながわエコBOX

「かながわエコBOX」は「かながわ環境活動支援コーナー」の愛称です。
かながわのローカルアジェンダである「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」の取組や環境活動に関する相談、情報発信、活動の連携を支援する窓口です。どうぞお気軽に御利用ください。
【場 所】 かながわ県民センター(横浜駅西口)9階
【電 話】 045-321-7453 【 FAX 】045-321-7454
【Eメール】 agendacorner@kccca.jp
【利用時間】 月曜日~土曜日 9時~18時 (祝日、年末年始を除く)
【ホームページ】 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f70237/


■バックナンバーの御案内

「エコ10だより」のバックナンバーは次のサイトより御覧いただけます。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f360478/p833139.html


■配信停止の御案内

エコ10だよりの配信を希望されない方は、以下のURLをクリックしてください。
ワンクリックで配信登録の解除を行うことができます。
%%del%%
※)URLの表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
全文をブラウザのURL入力欄にコピーして御利用ください。
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏ かながわ地球環境保全推進会議事務局
┏┏ (神奈川県環境計画課地球温暖化対策グループ)
┏※本メールマガジンは、事務局から委託されたかながわ
┌環境活動支援コーナー(かながわエコBOX)が配信しています。
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌


このページに関するお問い合わせ先

かながわ環境活動支援コーナー
TEL:045-321-7453
agendacorner@kccca.jp

このページの所管所属は環境農政局 環境部環境計画課です。