初期公開日:2022年6月30日更新日:2022年6月30日

ここから本文です。

エコ10だより 第165号

神奈川県内の環境に関する情報などを配信しているメールマガジン「エコ10だより」です。

エコ10だより第165号(2022年6月30日発行)発行:かながわ地球環境保全推進会議

メールマガジン「エコ10(てん)だより」は、マイエコ10宣言又は配信への御登録を行っていただいた皆様を対象に、環境に配慮した行動を自主的に実践する取組を広め、つなげていくことを目指して、かながわ環境活動支援コーナーが配信しています。

目 次

ニュース・イベント情報

神奈川県の環境教育に御支援いただきました!!
◇株式会社カネダ様
◇JFEスチール株式会社様
◇積水ハウス株式会社様

お知らせ

ニュース・イベント情報

~県内を中心とした環境に関わる情報を紹介します~

<ニュース>

「2022夏休み子ども環境体験教室」の参加者募集

工作や実験をしながら環境について楽しく学びます。

NPO法人神奈川県環境学習リーダー会の方たちと一緒に環境に良いことを考えてみませんか。

夏休みの自由研究のヒントやきっかけにもなります。
【日時】8月1日(月曜日)~8月5日(金曜日)の5日間、10時~12時
【会場】神奈川県環境科学センター(平塚市四之宮1-3-39)
【日程とテーマ】
 8月1日「手作りせっけんを楽しもう」~水と界面活性剤の働きを知ろう~
 8月2日「太陽の光で回るソーラー風車を作ろう」~太陽のエネルギーをつかもう~
 8月3日「空気のパワー実験」~空気砲とエアバッグ作り~
 8月4日「紫キャベツで色のかわる水マジック」~酸性、アルカリ性を水の色で調べてみよう~
 8月5日「人工の雲とつかめる水を作ろう」~大切な水の不思議を知ろう~
【参加費】無料
【対象】小学4年生~6年生
【募集期間】7月1日(金曜日)~7月15日(金曜日)まで
【主催】NPO法人神奈川県環境学習リーダー会、神奈川県環境科学センター
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/b4f/kankyougakushu/event.html(別ウィンドウで開きます) 


令和4年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書を発行(環境省)

今回の白書は、2030年までを「勝負の10年」として、国内外で「脱炭素ドミノ」を起こしていくために私たち一人ひとりが、未来に影響を与える当事者であるという意識を持って行動し、脱炭素のみならず、資源循環、分散・自然共生という多角的なアプローチによってグリーン社会の実現を目指していくことを伝えています。
https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/(別ウィンドウで開きます)


環境省、食品ロス削減・リサイクル推進へモデル事業 9件採択

環境省は、食品ロス削減・食品リサイクル推進に向け「食品廃棄ゼロエリア創出」など、募集した4部門のモデル事業について、合計9件を採択しました。
https://www.env.go.jp/press/111129.html(別ウィンドウで開きます)


環境省、建築物のZEB化・省CO2促進に補助金(令和4年度分公募中)

環境省は、建築物等における大幅な脱炭素化・レジリエンス強化の促進に向け、新築・既存建築のZEB化・省CO2化するための補助事業を募集しています。公募は7月15日(金曜日)まで。
https://www.env.go.jp/press/111166.html(別ウィンドウで開きます)


経済産業省、「夏季の省エネルギーの取組について」を決定

経済産業省は、各方面に省エネ・節電の取組を呼びかけるとともに、各種コンテンツを用いて省エネ・節電についての周知等を行なうことにより、国、地方公共団体、事業者及び国民が一体となった省エネルギーの取組をより一層推進することとしています。

https://www.meti.go.jp/press/2022/06/20220610002/20220610002.html(別ウィンドウで開きます)


環境省、令和2年度の食品ロス発生量の推計値を公表

令和2年度の食品ロス量は約522万トンと推計されました。
第4次循環型社会形成推進基本計画及び食品リサイクル法の基本方針において、家庭系及び事業系の食品ロスを2030年までに2000年度比で半減するとの目標が定められています。
https://www.env.go.jp/press/111157.html(別ウィンドウで開きます)


生きものの名前がわからないときは「いきものログ」の『種名調べ支援』

環境省生物多様性センターでは、全国の生物情報を共有化して提供するネット上のシステム「いきものログ」を運営しています。
「いきものログ」では、より多くの観察情報をウエブサイトへ報告いただけるように、見つけた生き物の名前がわからない時に、専門家が種名を調べるお手伝いをする『種名調べ支援』を期間限定で実施しています。
実施期間は10月31日(月曜日)まで。
https://ikilog.biodic.go.jp/IdentifyRequest/(別ウィンドウで開きます)


秋田県湯沢市で地熱発電所を建設

出光興産、INPEX、三井石油開発の3社は、秋田県湯沢市で地熱発電所「かたつむり山発電所」の建設を発表しました。出力は約14,990kW、運転開始は2027年3月を計画しています。
https://www.idemitsu.com/jp/news/2022/220606.html(別ウィンドウで開きます)


横浜市、シェアサイクル事業の社会実験を開始

地域の移動手段としての自転車の役割の拡大を見据え、横浜市広域でのシェアサイクル事業社会実験の協働事業者としてオープンストリート及びドコモ・バイクシェアと協定を締結し、社会実験を開始します。公共交通の機能補完や脱炭素社会の形成を目的に事業を展開します。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/kotsu/bycycle/bicycle-policy/share-cycle.files/0610_sharecycle.pdf(別ウィンドウで開きます)


はじめよう!楽しむ省エネ TEPCO省エネプログラム2022

東京電力エナジーパートナーでは、みんなの省エネ活動を推進するための2つのプログラム「夏の節電チャレンジ2022」と「わたしの省エネ行動宣言」を実施中です。他に誰でも手軽にできる省エネ術や省エネに活かせるTEPCOのサービスを紹介しています。
https://www.tepco.co.jp/ep/private/savingenergy/lp/savingenergy.html?gclid=EAIaIQobChMI3Ybb0ZOk-AIVwQ5yCh2GUwYdEAAYASAAEgL60fD_BwE(別ウィンドウで開きます)


ウェザーニューズ、電力市場向けに新たな風力発電量予測サービス

ウェザーニューズは、気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」において、再生可能エネルギーの普及が最も進むEUの市場に対応する先端技術を導入し、日本の電気事業者向けに、新たな風力発電量予測サービスの提供を開始しました。
https://jp.weathernews.com/news/40107/(別ウィンドウで開きます)


次世代バイオディーゼル燃料の一般向け継続販売を開始

中川物産とユーグレナは中日リースが展開する「名港潮見給油所」で一般生活者も給油できる次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」の販売を開始しました。今後より多くの車両への「サステオ」導入を目指します。
https://www.euglena.jp/news/20220602/(別ウィンドウで開きます)


日立造船、国内最大となるメタネーション設備の実証運転開始

日立造船は小田原市の環境事業センター内に国内最大となるメタネーション設備の建設工事を完成させ、実証実験を開始しました。
清掃工場からのCO2を利用したメタネーションは世界初です。生成されたメタンはメタンガス利用設備で燃焼確認、発電確認を行います。
https://www.hitachizosen.co.jp/newsroom/news/assets/pdf/20220616.pdf(別ウィンドウで開きます)


CO2原料からLPガスを製造する研究開発に着手

ENEOSグローブと富山大学、日本製鉄の3者は長年培ってきた触媒技術を活用し、LPガスを化石燃料由来ではなく、CO2を原料として製造するための高効率な製造技術とプロセス開発を行うことで合意しました。
https://www.u-toyama.ac.jp/wp/wp-content/uploads/20220613_2.pdf(別ウィンドウで開きます)


<イベント>

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、主催者がイベントを中止にすることが考えられますので、イベント実施の有無については、各イベントのホームページまで随時御確認ください。

市民のための環境公開講座2022
 安定した地球環境(グローバル・コモンズ)を未来に引き継ぐために

日時:7月6日(水曜日)18時~19時30分
場所:オンライン開催
主催:(公財)SOMPO環境財団、損害保険ジャパン
(公社)日本環境教育フォーラム
https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2022/01-2022-07-06/(別ウィンドウで開きます)


ナチュラルガーデンの植栽計画

日時:7月9日(土曜日)10時~11時30分
場所:新横浜公園(日産スタジアム会議室)
主催:新横浜公園(日産スタジアム)
指定管理者代表団体:(公財)横浜市スポーツ協会
https://www.nissan-stadium.jp/news/detail.php?id62a9a55bd5715(別ウィンドウで開きます)


モニタリングサイト1000里地調査 次期一般サイト募集オンライン説明会

日時:7月9日(土曜日)10時~12時30分
場所:オンライン開催
主催:(公財)日本自然保護協会
https://www.nacsj.or.jp/moni/2022/05/30204/(別ウィンドウで開きます)


樹木ガイドツアー

日時:7月12日(火曜日)10時30分~11時30分
場所:神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン
主催:神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン
https://kana-garden.com/event/%e6%a8%b9%e6%9c%a8%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc-33/(別ウィンドウで開きます)


国立環境研究所「夏の大公開 –ようこそ未来の環境博士!-」

日時:7月16日(土曜日)9時30分~16時
場所:オンライン開催
主催:国立環境研究所
https://www.nies.go.jp/whatsnew/20220610/20220610.html(別ウィンドウで開きます)


ひらつか環境フェア2022

日時:7月17日(日曜日)10時~15時30分
場所:平塚市リサイクルプラザ
主催:平塚市
https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kankyo/page67_00022.html(別ウィンドウで開きます)


英国流持続可能なまちづくり・住まいづくりシンポジウム

日時:7月20日(水曜日)13時30分~16時50分
場所:オンライン開催
主催:(一財)住宅改良開発公社
https://ashitanochintaipj.com/uk/symposium/(別ウィンドウで開きます)


特別展示解説「黒潮のめぐみ~海流が運んだ生き物と文化~」

日時:7月23日(土曜日)14時~15時
場所:横須賀市自然・人文博物館本館特別展示室
主催:横須賀市自然・人文博物館
https://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp/archives/event/38147(別ウィンドウで開きます)


子どもアドベンチャーカレッジ2022参加者募集!

日時:8月17日(水曜日)、18日(木曜日)
場所:横浜市内各所
主催:横浜市教育委員会
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kyoiku/2022/0617koado.files/0001_20220615.pdf(別ウィンドウで開きます)


神奈川県の環境教育に御支援いただきました!!

県では、企業等の皆様から、神奈川県環境計画課ホームページへのバナー広告の掲載を通じ、「環境・エネルギー学校派遣事業」などの県の環境教育事業に御支援をいただいています。
 
現在、次の企業の皆様から神奈川県の環境教育に御支援をいただいています。

株式会社カネダ様
◇◆環境にやさしく◆◇
http://eco-kaneda.com/(別ウィンドウで開きます)
■JFEスチール株式会社様
◇◆常に最高の技術をもって社会に貢献します。◆◇
https://www.jfe-steel.co.jp/(別ウィンドウで開きます)
■積水ハウス株式会社様
◇◆神奈川県の積水ハウス一戸建て(注文住宅)◆◇
https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/region_lia02/reg14/(別ウィンドウで開きます)

 

神奈川県の環境教育を御支援いただくバナー広告を募集中!
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/koukoku.html(別ウィンドウで開きます)

神奈川県環境計画課ホームページの御案内
県内を中心としたイベント・ニュース情報や神奈川県の環境の取組の提供、
マイエコ10宣言の受付を行っています。
https://www.pref.kanagawa.jp/div/0502/(別ウィンドウで開きます)


お知らせ


知ってる?かながわエコBOX

「かながわエコBOX」は「かながわ環境活動支援コーナー」の愛称です。
かながわのローカルアジェンダである「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」の取組や環境活動に関する相談、情報発信、活動の連携を支援する窓口です。どうぞお気軽に御利用ください。
【場 所】 かながわ県民センター(横浜駅西口)9階
【電 話】 045-321-7453 【 FAX 】045-321-7454
【Eメール】agendacorner@kccca.jp
【利用時間】 月曜日~土曜日 9時~18時 (日曜、祝日、年末年始を除く)
【ホームページ】 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f70237/(別ウィンドウで開きます)


バックナンバーの御案内

「エコ10だより」のバックナンバーは次のサイトより御覧いただけます。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f360478/p833139.html(別ウィンドウで開きます)

配信停止の御案内
 エコ10だよりの配信を希望されない方は、以下のURLをクリックしてください。
ワンクリックで配信登録の解除を行うことができます。
%%del%%
※)URLの表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
 全文をブラウザのURL入力欄にコピーして御利用ください。
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏ かながわ地球環境保全推進会議事務局
┏┏ (神奈川県環境計画課地球温暖化対策グループ)
┏※本メールマガジンは、事務局から委託されたかながわ
┌環境活動支援コーナー(かながわエコBOX)が配信しています。
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このページに関するお問い合わせ先

かながわ環境活動支援コーナー
TEL:045-321-7453
agendacorner@kccca.jp

このページの所管所属は環境農政局 環境部環境計画課です。