ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 県立高等学校仮設校舎の天井パネル落下事故を受けて実施した緊急安全点検の結果について

更新日:2021年11月16日

ここから本文です。

県立高等学校仮設校舎の天井パネル落下事故を受けて実施した緊急安全点検の結果について

2021年11月16日
記者発表資料

令和3年11月15日(月曜日)に発生した、県立上鶴間高等学校仮設校舎の天井パネル落下事故を受けて、本日、同様のパネルを使用し、現在、供用中の他の県立高等学校の仮設校舎について、緊急安全点検を実施しました。

1 仮設校舎の点検を実施した高等学校(10校)

 生田東高等学校、平塚農商高等学校、藤沢清流高等学校、茅ケ崎高等学校、上溝南高等学校、大和南高等学校、伊志田高等学校、海老名高等学校、寒川高等学校及び城山高等学校の計10校

  •  これらの学校では、耐震補強工事を行う校舎を無人化した上で工事を行うため、グラウンドにリース契約による仮設校舎を設置しています。

2 点検結果

  •  上鶴間高等学校の事故の原因となった、「寸法の不足」が認められるパネルは、当該の県立高等学校10校では確認されませんでした。
  •  なお、藤沢清流高等学校仮設校舎2階倉庫において、寸法に問題はなかったものの、外枠の角材4本のうち、1本が不足しているパネルが8枚見つかりました。直ちに落下する危険はありませんが、強度が不足しているため、補修を行いました。
  •  これらの10校で、本日は、緊急安全点検のため、始業時刻を繰り下げていましたが、安全が確認されたので、午後から通常の教育活動を行いました。

3 今後の対応

 耐震補強工事のため、現在、同一のリース業者が高等学校5校の仮設校舎を工事中ですが、今後、供用開始に向け、リース業者に対して安全点検の確実な実施を求めます。

問合せ先

神奈川県教育委員会教育局行政部教育施設課

課長 中島 電話 045-210-8061
施設企画グループ 野口 電話 045-210-8120

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 行政部教育施設課です。