高圧ガス製造保安責任者になるには

掲載日:2019年11月11日

 

 高圧ガス製造保安責任者には、従事する作業内容により免状の種類(乙種化学、丙種化学(液化石油ガス、特別試験科目)、乙種機械、第二種冷凍機械及び第三種冷凍機械)が定められていますので、作業内容に応じた免状の種類の試験に合格し、知事の免状交付を受けることが必要です。
 なお、免状交付については、高圧ガス保安協会試験センター(電話フリーダイヤル0120-66-7966)が行っていますので、お問い合わせください。

試験期日
毎年11月ごろ
受験資格
学歴、経験などの制限は、特にありません。
※願書締切日、受験科目等については、次の機関に問い合わせの上、ご確認ください。

一般社団法人神奈川県高圧ガス保安協会(電話045-228-0366)

乙種化学、丙種化学(特別試験科目)、乙種機械、第二種冷凍機械及び第三種冷凍機械

公益社団法人神奈川県LPガス協会(電話045-201-1400)

丙種化学(液化石油ガス)

 なお、甲種化学、甲種機械及び第一種冷凍機械は、経済産業大臣の免状交付を受けることが必要です。
 甲種化学、甲種機械及び第一種冷凍機械の試験及び免状交付については、高圧ガス保安協会試験センター

 電話(試験:03-3436-6106、免状交付:フリーダイヤル0120-66-7966)にご確認ください。


根拠
  • 高圧ガス保安法

このページの先頭へもどる

本文ここで終了