神奈川県水産技術センター メルマガ482

掲載日:2015年10月2日

神奈川県水産技術センターメールマガジン  482号    2015年10月2日号

□ 研究員コラム

1 似顔絵? (相模湾試験場 山本 章太郎)

2 夏の終わり (内水面試験場  蓑宮 敦)

----------------------------------------------------------------

1 似顔絵? (相模湾試験場 山本 章太郎)

 以前のメルマガ(No,403 2012.8.31発行 に掲載)で、自分が子供の頃から絵を描くのが好きで、今でも魚やカニ、タコなどのイラストなどをよく描いていること、そして「人の似顔絵」も描くのも好きであることをお伝えしました。

 パッと見て「特徴のある顔だな」とか「この人の風貌は個性が強いな」と思うと自然に特徴のある部分を強調したイラストが頭の中に浮かんできて、割と簡単に描けてしまいます。逆に特徴のない顔の方は描きづらいということでもあります。

 似顔絵のコレクションは職場でお世話になっている方やお世話になった方のものが多く、私が現役中に公開すると、職務に支障がありそうなので秘蔵品としておこうと思っていました。

 しかし、このままずっと秘蔵していると、皆さまにご披露する機会を失って永遠にお蔵入りしてしまう可能性もあります。現に折角、傑作を描いたのに、御本人が他界されてしまい、出すに出せない作品もあります。

 そこで、極一部の方々の期待に応え、この度、その一部をご披露いたします。

 (モデルとなったご本人の許可も得ています。)

 読者の皆様、内輪ネタですみません・・・・・・。

 写真1 似顔絵

 似顔絵

----------------------------------------------------------------

夏の終わり (内水面試験場  蓑宮 敦)

 今年は、酷暑といえるほど暑い日が続いたと思ったら、8月下旬には急に涼しくなるなど、おかしな夏でした。

 皆様は、どのようなことで夏の終わりを感じますか?夏休みの終わりや朝晩が涼しくなってきたらでしょうか?または、スズムシなどの虫の声が聞こえてきたらでしょうか?

 内水面試験場では、毎年8月下旬にサイエンスサマーというイベントを開催しています。私はこのイベントが終わると「今年の夏も終わったなぁ...」と感じます。

 サイエンスサマーでは、小学生を対象にアユ等の調査体験として投網教室を実施しています。投網は小さいものでも4から5kgはあるので、持つだけで精一杯な子もいますが、目の前に並べられた獲物を捕るためにみんな一生懸命です。ここで使用している獲物は、魚や水生昆虫などのイラストが描かれた手造りのキーホルダーで、子供たちに大変人気があります。夏休みが終わっても、このキーホルダーを見て楽しかった夏を思い出してくれると嬉しいです。

 ちなみに、このキーホルダーのイラストは、元非常勤職員で現在イラストレーター兼漫画家として活躍している安斉俊氏が当場在籍中に描いてくれたものです。彼がさらに有名になったらプレミアが付くかもしれませんね。

 写真1 投網教室の様子

 投網教室の様子 

 写真2 投網教室の獲物

 投網教室の獲物

----------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(隔週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画資源部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2312

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。