神奈川県水産総合研究所 メルマガ004

掲載日:2014年1月18日

神奈川県水総研メルマガ VOL.004 2003-8-1

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産総合研究所メールマガジン  VOL.004 2003-8-1
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当研究所の研究員が、現場で体験したり考えたりしていること、また調査内容
についてのご紹介をいたします。

●サバを生で食べたことがありますか?

 サバといえば一般的に味噌煮、塩焼き、干物と、火を通す食べ方が多く、か
ろうじて塩と酢でしめたシメサバが生に近い食べ方ということになります。こ
れはサバの「生き腐れ」というように、鮮度が落ちるのが早く、獲ったばかり
のものでなければ生で食べるのは危ないということと、中毒の原因になりやす
いヒスタミンが多く含まれているためですが、先日会議で出かけた高知では、
「清水(しみず)サバ」と称するサバの刺身が食堂のメニューに普通に登場しま
す。

 日本近海のサバには2種類あることはご存知でしょうか?。マサバ(漁師は
ヒラサバと呼びます)とゴマサバ(同、ゴマサバ・マルサバ)ですが、三崎の
漁師などはマサバを刺身で食べることはあまりしないようですが、その理由と
して「マサバのほうがあたりやすい」という人が結構います。
 実体験に基づく場合が多いですが、かといってゴマサバを刺身で食べる人も
あまりいないのは、昔から三崎でサバといえばヒラサバという固定観念がある
からでしょうか。私も地元のすし屋などで「今日は生でいけるよ」といわれた
ときは喜んでいただいていますが、ヒラでもゴマでも、これまであたったこと
はありません。

 さて、「清水サバ」ですが、その正体は高知県西部の土佐清水(とさしみず)
港に水揚げされる一本釣りのゴマサバで、その日のうちに高知市内の市場に運
ばれ、刺身となって出されているものでした。マサバと違い夏が旬といわれる
ゴマサバの味は格別でしたが、神奈川県の港でも水揚げされるサバを生で味わっ
てもらう方法はないか、考えてみたいと思います。

                     (資源環境部 岡部 久)
清水サバの刺身とマサバ、ゴマサバの写真はこちら

●一都三県漁海況速報について
 当所のホームページには、海況について、色々な情報が掲載されています。
アクセス件数が多い一都三県漁海況速報(以下「速報」)を例にとって、作成方
法や使われ方を紹介します。
 速報は、漁船などから無線で送られてくる水温情報や人工衛星画像を研究者
が総合的に判断して、手書きで作成しています。東京・千葉・神奈川・静岡の
1都3県共同で作っていることから、このような名称にしています。

 水温や潮の流れなどの海の状況=海況は、魚の行動に大きく影響を与えてい
ますが、漁業者は、言い伝えや自らの経験から海況と魚の行動との関係を知っ
ており、海況を指標にしながら、いつ・どこで魚が効率的に沢山獲れるのか判
断して操業しています。速報はこの判断材料として使われており、本県では主
に釣漁業者によく利用されています。

 例えば、潮の流れの境目・潮目には魚が集まり良い漁場になりますが、速報
を参考にすれば、この潮目を早く見つけ出すことができます。また、潮の流れ
が速いときには漁具を海に入れることができませんが、速報で事前に潮の流れ
の強弱を推測することによって無駄な出漁をしなくて済みます。

 なお、黒潮の流れの方向などが分かることから、速報は、漁業者だけでなく、
ヨットなど海洋性レクレーションを楽しむ方々にも広く利用されています。

 ホームページには、速報の他にも海況に関する情報を掲載しています。今後
も正確で分かり易い情報提供に努め、なるべく多くの方々に利用して頂けたら
と考えています。

                     (海洋情報部 高田啓一郎)
※一都三県漁海況速報はこちら
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/Kaikyozu/1to3ken.asp

●[イベント]夏休みこどもワクワク・海・体験のお知らせ
申し込みの締切は来週8月8日(金曜)です。
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/event/20030827/guide/
昨年の様子はこちら
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/event/20020820/report/
-----------------------------------------------------------------
[最近のホームページ更新情報(7月29-30日)]
ヤコウチュウ赤潮が2ヶ月ぶりに発生
神奈川県水産総合研究所研究報告第8号をダウンロードいただけます
水産関係団体ホームページ更新情報自動取得を開始しました。

-----------------------------------------------------------------
[編集後記]
 7月30日にオープンしたての「小田原さかなセンター」は、8月2日(土曜)に
オープニング式典が行われるそうです。ひきつづき8月3日(日曜)には、「小田
原みなとまつり」が行われます。地元の定置網で獲れたての魚を買うことがで
きます。私(担当者)もでかけてみようと思っています。
-----------------------------------------------------------------
■水総研メールマガジン(毎週金曜日発行)
■配信の変更、解除は、こちらから↓
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/mailmag/

発行:神奈川県水産総合研究所 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311
ご意見・お問い合わせ:fish.415@pref.kanagawa.jp


メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。