神奈川県水産総合研究所 メルマガ007

掲載日:2014年1月18日

神奈川県水総研メルマガ VOL.007 2003-8-22

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産総合研究所メールマガジン  VOL.007 2003-8-22
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当研究所の研究員が、現場で体験したり考えたりしていること、また調査内容
についてのご紹介をいたします。

●マイワシ何処へ
 最近、ス-パ-の鮮魚コ-ナ-でマイワシを見かけることがめっきり少なく
なりました。マイワシにはEPAという不飽和脂肪酸が多く含まれていて健康に
欠かせない食材です。しかし、かつてマイワシは食材というより、養殖魚や家
畜の餌としての利用の方が高かったことも事実です。

 やがてグルメブ-ムにも乗り、その価値が見直され、私達が口にすることも
多くなりました。ところが、その矢先。肝心のマイワシがいなくなってしまっ
たのです。もう大衆魚なんて言ってられません!

 さて、このマイワシ。昔から周期的(数十年単位)に資源量の増減を繰り返
すことで知られています。何も乱獲が原因ではないんですよ。過去の経験から、
マサバ→マイワシ→サンマ(他にマアジ、カタクチイワシ等)→マサバの順で
交替に資源の多い時代がやって来ます。今はちょうどサンマなどが多いんです
ね。

 順番に魚が入れ替わる理由ははっきりしませんが、最近の研究で地球規模で
起こる気候変動との係わりが指摘されています。この順番でいけば、次に増え
るのはマサバ。マイワシは更にその次といったところでしょうか。再びお手軽
にマイワシが食べれるまで、もう暫く待たねばなりませんが、またマイワシが
増えた時には、健康のためにも積極的にバンバン食べてみて下さい。

 ところで、私はイワシ類の漁況予測を担当させて頂いておりますが、これが
なかなか難しい。予測どおりになって一安心することもあれば、予測と全然違う
結果になって、漁師さんからお叱りを受けることも…。
 このお叱りも期待の裏返し?と思って、イワシについてもっと勉強し、より信頼
される予報作成に頑張っていきたいと思います。

                      (資源環境部 舩木 修)

2ヶ月に1度「漁況予報 いわし」を発行しています。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430693/p550007.html

●薬事法の一部改正について
 近年、狂牛病や遺伝子組み換え作物などの問題を始めとして、食品の安全性
に対して消費者の関心がいっそう高まってきています。

 このような状況において、本年の4月に一部のトラフグ養殖業者が寄生虫を
駆除するため、未承認薬のホルマリンを使用していたことが報道され、社会的
な問題として大きく取り上げられたことは記憶に新しいところです。

 以前から水産養殖物に対しては、医薬品の使用について懸念されていました
が、このような事実が判明したことはとても残念なことです。一方、このよう
な社会的背景を踏まえて7月30日から薬事法の一部が改正されました。

 水産分野における主な変更点は、抗生物質や合成抗菌剤等の水産用医薬品の
使用について、改正以前は11種類の水産動物についてのみ使用基準が定められ
ていましたが、今後は食用に供されるすべての水産動物が対象となります。ま
た、これらの使用基準は放流を目的とする種苗にも適用されます(例えばアワ
ビやサザエなども今後はその範疇に入ります)。

 本県においては、海産動物を対象とした養殖はほとんどありません。しかし、
近年、県下の各地では放流用種苗の中間育成が盛んに行われており、これら中
間育成において水産用医薬品を使用する場合には注意が必要です。

 日頃の飼育管理を徹底して、医薬品を使用しないことが最も望ましいことで
ありますが、不幸にして疾病が発生してしまった場合には薬事法を遵守して医
薬品を使用するようお願い致します。

 なお,医薬品の使用に関する詳細については,水産総合研究所 栽培技術部
までお問い合わせ下さい。

                       (栽培技術部 長谷川 理)

-----------------------------------------------------------------
[最近のホームページ更新情報(8月15-20日)]

相模湾(小田原沖)で赤潮が発生(Ceratium fususとC.furca)
さかなのあれこれ 「クロシビカマス」を掲載しました。
さかなのあれこれ 「イシダイ」を掲載しました。
三崎瀬戸Livecameraを新設しました。
相模湾定置網漁海況の経過と見通し及びPDFファイルを掲載しました。

-----------------------------------------------------------------
[編集後記]
 三崎は漁業の町、港の町です。そういう雰囲気をご覧いただけたらと思い、
城ヶ島大橋とそこを通る船を撮影できるライブカメラを設置いたしました。ぜ
ひご利用ださい。
 センサーを利用して船が通るタイミングでシャッターが下りるようになって
いるのですが、調整が難しく、波の動きで反応してしまうようです。天気に
よっても最適値が変わってしまうので、何も写っていないこともあるようです
が、時々覗いてみてください。

-----------------------------------------------------------------
■水総研メールマガジン(毎週金曜日発行)
■配信の変更、解除は、こちらから↓
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/mailmag/

発行:神奈川県水産総合研究所 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311
ご意見・お問い合わせ:fish.415@pref.kanagawa.jp


メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。