神奈川県水産総合研究所 メルマガ056

掲載日:2014年3月18日

神奈川県水総研メルマガ VOL.056 2004-08-20

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産総合研究所メールマガジン  VOL.056 2004-08-20
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□□研究員コラム
・漁業者の多面的な貢献に感謝!(相模湾試験場 山本 貴一)
・アユの放流調査と友釣り(内水面試験場 相川 英明)
-----------------------------------------------------------------
○漁業者の多面的な貢献に感謝!
 漁業者の皆さんは、日々沖へ出て魚を獲っています。

 まさに海を知り尽くしたプロ中のプロなのですが、そのような漁業者でも、
見たことがない生物が獲れる事があります。

 得体の知れない海の生物!なんとも不気味な存在ですが、正体を明らかにす
るために相模湾試験場に持ち込まれることがあります。

 我々は水産総合研究所の研究員とはいっても、海の珍しい生物について、特
別詳しいというわけではありません。

 持ち込まれた生物について、図鑑を片手に必死になって調べるのですが、ど
うしても正体が分からないこともあります。

 そのような場合は、小田原市の風祭にある、県立生命の星地球博物館へ持ち
込んで調べてもらいます。

 生物についてはエキスパートである博物館の学芸員が見ても、「う-む・・・」
と悩みこんでしまうような場合もあります。

 後日、調べて頂いた結果を教えてもらうのですが、相模湾では過去に数例し
か確認されたことがない生物で、学術誌に発表することになった。という事例
もあるのです。

 漁業は、食料である水産物を供給するという重要な社会的役割がありますが、
そればかりではありません。
 日々海に接している人たちの存在によって、海の謎が解明される一助となっ
たり、海の環境の変化に気づかされることもあるのです。
                      (相模湾試験場 山本 貴一)

得体の知れない生物!の例(カンテンダコ)その他
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f450011/p583019.html
-----------------------------------------------------------------
○アユの放流調査と友釣り
 ヒトが親魚を養成し、採卵、ふ化、飼育を繰り返してきた内水面試験場の人
工産アユは今年で27年目(継代数26)になります。

 この人工産アユの評価を行うため、河川に放流し、放流後の行動を把握する
ために調査を実施しています。

 アユは放流後、付着藻類のついた石等を餌場とし、その餌場を独占するため
に「なわばり」をつくります。

 なわばりを作ったアユは自分の餌場に侵入してきた他のアユを追い出すため
に激しく攻撃します。

 こうした行動を利用して、アユを釣るのが「友釣り」です。

 アユは主として友釣りにより漁獲されますので、放流効果調査の項目に「友
釣り」での釣獲調査があります。

 私たち試験場の研究員は魚のプロと自負しており調査や分析などは得意分野
ですが、釣りとなると勝手が違うので現場で立ち往生してしまうこともありま
す。

 そこで友釣りの調査は釣りインストラクター鮎部会の方々にご協力いいただ
き実施しています。

 アユの友釣り初挑戦の私ですが、インストラクターから囮アユのセット、ポ
イントの選定などの指導を受けた結果、2回目の挑戦で友釣りによりアユを釣
り上げることができました。

 アユの友釣りを始めてみたいが、敷居が高い、きっかけがつかめないとお思
いの方もいらっしゃるでしょうが、釣りインストラクターの方々とお知り合い
になれば、アユの友釣りを始めるきっかけになると思います。

 内水面まつり、小田原のみなとまつりや中道志トラスト協会のイベントで、
釣りインストラクター鮎部会の方々が友釣り教室を実施しています。

 ぜひ、参加してアユの友釣りを始めるきっかけをつかんでみるのはいかがで
しょうか。
                       (内水面試験場 相川英明)

友釣りで釣れた人工産アユ(27代目)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f450011/p583020.html
神奈川県釣りインストラクター連絡機構
http://home.jofi-kanagawa.org/
-----------------------------------------------------------------
[編集後記]
 前号(No.55)は、システムの不具合により、一部の方への配信が遅れまし
たことをお詫び申し上げます。

 さて、友釣りについての記事でご紹介されております「釣りインストラクター」
の方々には、海釣りについてのアンケ-ト等でもご協力いただいたことがあり
ます。

 研究所だけでは、調査等を行うに際しても限界があります。
 漁業者をはじめとして、釣りインストラクターの方々、そして、メルマガの
読者の方もそうですし、アマモ等のイベントにご参加いただく人々等多くの方々
に支えられることによって様々な事業が成り立っているということを改めて認
識されられます。
-----------------------------------------------------------------
■水総研メールマガジン(毎週金曜日発行)
■配信の変更、解除は、こちらから↓
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/mailmag/

発行:神奈川県水産総合研究所 企画経営部 担当 小川
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311
ご意見・お問い合わせ:fish.415@pref.kanagawa.jp

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。