神奈川県水産技術センター メルマガ109

掲載日:2014年3月11日

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.109 2005-9-16
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□□研究員コラム
○「モールス電信と携帯メール」
                   (管理部管理課無線担当 加藤 俊明)
○うまいさかな2
                     (資源環境部 岡部 久)
----------------------------------------------------------------
○「モールス電信と携帯メール」
                       (管理部管理課無線担当 加藤 俊明)

 モールス電信は、文字に対応した符号(トンツー)をひとつひとつ伝達して通信しますので、伝えたい言葉(文章)が長ければ長いほど沢山の符号を伝達しなければなりません。


 このため、モールス電信では、電報の伝達以外の部分に、略符号を多用して通信を簡略化しています。


 略符号は、法令(無線局運用規則)に規定されていて、PSEの3文字が「どうぞ(Please)」、TUが「ありがとう(Thank You)」といった具合に言葉を数文字に略したものですが、法令に規定されているものの他に、必要に応じて発生した非公式なものもあります。


 数年前、若者たちが携帯メールを使って新年の挨拶を送る際、略して「アケオメ」(明けましておめでとう)としていることが話題になりましたが、この言葉はモールス電信で全く同じ用途・目的に(非公式のものとして)以前から使われています。


 「少ない文字数で気持ちを伝える」という点で携帯メールとモールス電信の間には共通するものがあるのでは?という考えが浮かびます。


 もし、そうならば、「アケオメ」と同じようにモールス電信で使われている非公式略符号達(マタヨロオネ:またよろしくお願いします、ゴクサマ:ごくろうさま、アリ:ありがとう、オテ:お手数かけます)も携帯メールで使われる(使われている)のか?


 ちょっと気になるところです。


 とりとめのない話にお付き合い頂きアリ。


 機会がありましたら次回もマタヨロオネ。

-----------------------------------------------------------------
○うまいさかな2
                         (資源環境部 岡部 久)

 以前、釣った魚をおいしく食べているという話しをご紹介しましたので、今回は買って食べているさかなについて書きます。


 我が家の奥様は、知る人ぞ知る三崎の有名寿司店の娘で、私も結婚するまではその店に週1回くらいは通っていました。「奥さんが目当てだったの?」と聞かれますが、目当てはそこの地魚の寿司が9、奥さんは1くらいでしょうか。その奥さん、魚をほとんど食べない人で、寿司も玉子とゆでたエビと海苔巻といった具合でした。それが今では白身を中心に刺身も煮魚も食べられるようになりました。これもひとえに、うまいさかなを食べているからだと思います。


 では、我が家で買う魚とは何か。最も多く、頻度が高いのはカツオです。カツオは桜が終わるころ、いわゆる「眼に青葉」の時期の初がつおから、秋の戻りがつおまで、約半年にわたり楽しんでます。2キロくらいの魚なら丸ごと買ってきます。頭やアラは出汁をとっておつゆに。身はタタキにします。皮付きのまま塩を振って、ガスコンロの五徳を外し、強火であぶります。皮が多少焦げるくらいが香ばしくておいしいです。これを冷水にさらすことなく、厚めに切ってたまねぎスライスをしいた皿に盛り付けて出来上がり。たまねぎを多めに乗せ、ゆずポンでいただきます。魚臭さはほとんど感じられず、娘たちはもちろん、奥さんも「これなら食べられる」と大好評。鮮度の高い皮付きのカツオが手に入ったら、一度お試しを。


 次によく買うのはヒラソウダ。カツオの仲間ですが大きくても2キロくらい。夏になると相模湾に来遊し、今年も佐島の定置網に入り始めました。鮮度が落ちるのが早いので、新鮮なものが目にとまるとすかさず買ってます。タタキにもしますが、削ぎ切りの刺身にすることが多いです。私はにんにくとたまねぎスライスに醤油でいただいてます。カツオに比べ生臭さが強く、奥さんにはまだ荷が重いようですが、娘どもは喜んで食べます。


 そしてもう一つの定番はシラスです。湘南シラスは有名ですが、我が家では、ゆで加減、塩加減が気に入って、買う船が決まっています。私は学生時代、魚の子供を研究対象にしていた関係で、いわゆるシラスに含まれる魚を一々ほじくって観察する癖があり、度が過ぎると怒られます。一般には、適度に小さく大きさがそろっていて、真っ白で、アミなどの混ざり物が少ないほど高級だといわれますが、さにあらず。大きさがばらばらでも、真っ白くなくても、アミが混ざっていたり、お腹が食べた甲殻類の茹った赤色になっているようなシラスのほうが断然うまいと思います。去年の大不漁で心配されましたが、今年は少しは漁があると、船頭もほっとした様子です。


-----------------------------------------------------------------
[最近のホームページ更新情報(9月16日)]

-----------------------------------------------------------------
[編集後記]

 今年も台風が各地に大きな被害を与えています。

 私は先週、月・火曜日にちょっと遅めの夏休みをいただいて沖縄に行きました。

 水曜日からは広島県への出張を予定してましたので、台風14号の動向にヒヤヒヤしながらの夏休みでした。

-----------------------------------------------------------------
■水産技術センターメールマガジン(毎週金曜日発行)
■配信の変更、解除は、こちらから↓
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/mailmag/

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311
ご意見・お問い合わせ:fish.415@pref.kanagawa.jp

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。