神奈川県水産技術センター メルマガ149

掲載日:2014年2月25日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.149 2006-6-23

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.149 2006-6-23
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム
○神奈川県のコンブ養殖   (企画経営部  池田 文雄)
○ヒジキ狩り           (資源環境部 岡部 久)
----------------------------------------------------------------
○神奈川県のコンブ養殖
                                (企画経営部  池田 文雄)

 本県でのコンブ養殖は、昭和40年代前半に北海道函館水産試験場のお世話で、マコンブの母藻を入手し種糸を生産したのが始まりで、その後、神奈川県水産試験場(現水産技術センター)前面海域で試験養殖を始めたのが最初です。これらの試験により養殖できることが確認できました。 

 その後、昭和46年に横須賀の漁業者が水産試験場の指導によりコンブ養殖を始め、そして、本格的な養殖は昭和53年以降となります。函館の漁協から「促成こんぶの種糸」を横須賀市東部漁業協同組合が窓口になり、県下各漁協に有料で配布し、コンブ養殖が本格的に始まりました。

 養殖漁場となる東京湾、相模湾は冬場の水温が低くなり、コンブ養殖が可能となりますが、北の海に比べて養殖期間は短くなります。このため、北海道産(日高、利尻コンブ)のような「だしコンブ」と同じにはなりませんが、神奈川の海で潮流が早く、栄養成分も豊かな海域では、柔らかく、また、独特の香りがあるコンブが生産され、「早煮コンブ」として、地元の消費者を始め県内で販売されています。最近のコンブの収穫量はおおよそ150トンとなっています。

   横須賀名産 「早煮こんぶ」の料理のいろいろレシピの一部紹介します。 (横須賀市東部漁協浦が久比里支所 提供)

 *昆布の炊き込みごはん
   材料 米3カップ、昆布20g、人参1本、油揚げ1枚、絹さや適宜
       調味料(醤油大3、酒大2、塩小2)

  作り方
(1) お米は1時間前に洗い上げておきます。
(2) 昆布は(水にもどしたもの)、人参は2cmの千切りに。
(3) 揚げは油抜きをして千切りにしておきます。
(4) 絹さやは湯がきあげて千切りにします。
(5) お釜に米・昆布・人参・油揚げ・調味料と水を入れ軽く混ぜ、炊き上げます。(火加減に注意しましょう)
(6) 出来上がりに絹さやを散らしお召し上がり下さい。

 *昆布の佃煮
   材料 昆布150g、いりごま少々。
       調味料(だし5、醤油3、みりん2の割合)

  作り方
(1) 昆布を水に戻し、2cm位にきります。
(2) 味料で煮詰め、いりごまを振り掛けます。

 他に、いろいろの料理レシピがございますのでお聞きになりたい方は,浦賀久比里支所にお問い合わせ下さい。
 電話 046-841-0225
  URLhttp://www.yokosuka-tobu-uk.com/ 


-----------------------------------------------------------------
○ヒジキ狩り            
                           (資源環境部 岡部 久)

 4月の某休日、三浦市の宮川湾で、みうら漁協のヒジキ狩り教室が開催され、ボランティアで参加しました。以前からお誘いがあり、私の自宅から歩いて10分くらいの場所にもかかわらず、参加するのは初めてでした。 

  一般参加者は200名ほど、あいにくの冷たい北東風でしたが、漁業者の皆さんの指導を受け、春の大潮で潮が引いた岩場にでた参加者は、大きなビニール袋に一杯のヒジキを持ち帰られました。「ヒジキって黒いんじゃないの?」という声が聞かれましたが、食べ方を教えてもらうと安心した様子でした。子供たちには、海の生き物の観察会も用意され、楽しいひと時となりました。

 さて、私はボランティア参加と書きましたが、この催しに数年続けて参加している大学時代の同級生がいると聞き、その人に会うことも大きな目的でした。水産大学を出てイラストレーターになったIさんは、もう一人の同期生(この人もIさん)と、イラストレーター仲間のUさん、編集者のOさんら6名で参加していました。彼女らはすっかりなれた様子で、刈ったヒジキを広げて乾かし、多少軽くしてからから袋に入れたり、「去年はメカブがあったのに、今年はないわね」などと、大勢の参加者の中で異彩を放っていました。 

 私の奥さんの実家(寿司屋)での昼食ではビールも入り、大学時代の思い出話とともに、旬の魚の食べ方や入手の仕方の話しで盛り上がりました。ヒジキをなれた手つきで刈って持ち帰り、自分で料理して食べているような人たちですので、旬の「安くてうまい」魚をよくご存知でした。店の定番のビントロやサバもさることながら、旬のムギイカの寿司が大変好評でした。


-----------------------------------------------------------------
[編集後記]

 今回はコンブ、ヒジキの話題を提供させていただきました。
 コンブ、ヒジキなどの海藻類は、カルシウムをはじめとしたミネラルがたっぷり含まれていますので、美容と健康のためにも毎日食べていただきたいものです。 

-----------------------------------------------------------------
■水総研メールマガジン(毎週金曜日発行)
■配信の変更、解除は、こちらから↓
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/mailmag/

発行:神奈川県水産技術センター 広報部会
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311
ご意見・お問い合わせ:fish.415@pref.kanagawa.jp

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。