神奈川県水産技術センター メルマガ228

掲載日:2014年2月3日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.228 2008-01-11

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.228 2008-01-11
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○『意外と使えた銀マット』   (内水面試験場  相川 英明)

○「お魚は好きですか?」   (企画経営部  村上 哲士)

----------------------------------------------------------------

○『意外と使えた銀マット』

 私は飼育施設中心の仕事のため、一年を通して長靴を履いて作業しています。以前、防寒対策で長靴の中敷について紹介しましたが、その続きを書かせていただきます。

 銀マット(キャンプ用品で寝袋の下に敷いて使用するアルミのフィルムを張ったマット)でできた中敷は2-3日使用するとマットの部分がすっかり潰れてしまいました。

 また、長靴を履いたり脱いだりした時に、そのつど中敷がめくり上がるので、使用した感じはいまひとつでした。

 しかし、このまま捨ててしまうのはもったいないので、銀マットの裏にプラスチックの板を張りつけてみました。すると、銀マットの剛性が高まり、中敷がめくり上がることはありません。冬に何も敷かない長靴よりもかなり暖かく感じます。

 長靴は一日中履いていると中が蒸れ、翌朝、履く際に足裏がジメジメして気持ちが悪いのですが、銀マットを使用すると、中敷の部分は乾燥しているように感じられ、毎朝爽やかな気分で長靴が履くことができます。

 また、私の職場では銀マットの中敷を使用する人は他に誰もいませんので、すぐに自分の長靴と識別できる利点もあります。

 銀マットの中敷・・・あなたも使ってみてはいかがですか?

----------------------------------------------------------------

○「お魚は好きですか?」

 皆さん、お魚はお好きですか?作ってくれればとか、外で食べるならと言う方は多いのではないですか。かく言う私も、何が何でも一日一回はと言うほどではありませんが、魚は好きなほうです。

 今となっては遠い昔の話になりますが、まだ小さくて可愛かった頃、親が目を離したすきに、目の前のお皿にあったお魚(焼き魚で、物が何だったかは覚えていませんが) を豪快に手掴みでパクッと口の中に放り込んだのです。若気の至りと言うより、怖い物知らずですね。

 ここまで書くともうわかりますね。そうです、喉に骨が刺さったわけです。で、ビェーと盛大に泣き出して、楽しい夕飯の場はメチャクチャとなりました。それから当分は親がほぐしてくれた物を食べておりました。

 そのうち、自分で食べなければいけなくなると(いつまでも親はやってくれませんし)、それがトラウマとなったのか否か、魚を食べるにあたっては慎重に骨を除去するようになりました(せっかく熱々の焼き魚など冷え冷えになってしまう位に)。それでもその後2-3回は刺さっていますがめげずに食べていますね。

 骨を取る際ですが、お箸がちゃんと使えるかどうかで作業時間に差がでます。もちろん作業後が綺麗か汚いかにも関係します。私も最初は箸の持ち方がおかしかったようで、見よう見まねで使えるようになっていましたが、俗に言う並行箸で箸先がうまく使えなかったです。

 細かい作業は箸先が使えないと無理で、当然のように何度も手を使用するようになってしまいます。端で見ていてあまりお行儀良くはないですね。親から指摘されて (最初から教えてくれれば良いのに)直してからは格段にスピードアップしました。

 魚を好きな人は食べた後も綺麗と言われますが、うちの祖父は本当に大きな骨しか残さずに食べていました。私はそこまではいかないですが、綺麗に食べ終わると気持ちのいいものです。

 おっと、だいぶ脱線しましたね。水産関係の仕事に就いたせいもあるのでしょうが、魚に接する機会は普通の方よりも多いですし、普段は目にする機会のない魚を見たり食することが出来たりして楽しいですよ。

 最近では町の魚屋さんも減ってしまい、魚を買うところはスーパーなど限られたところになり、地元であがる魚や丸ごと一匹の魚を目にする機会も減ってきていますがたまには丸一匹どうですか?

 生ゴミ処理などの関係もあって丸ごとより切り身が便利だし、最近ではスーパーなどでも捌いてくれますが、自分でやってみるのも面白いですよ。また、箸を使うのと同じで包丁も使えるようになると料理も楽しくなります。

 最近はいろんな所で魚の料理教室が開催されるようになりました。機会を捉えて挑戦してみてください。

----------------------------------------------------------------

□イベントのお知らせ

 第6回「かながわ・海・さかな塾」

 日時:平成20年2月2日(土曜日)13:00-16:00 

 水産技術センターでは、一般の方を対象として、公開講座を開催しています。当所の研究員等が講師となり、わかりやすく、面白く講義しています。今回は栽培漁業特集です。

 詳しくはホームページをご覧ください。

 申し込み期限が1/15となっておりますのでお早めに。

  

-------------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(毎週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 広報部会
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。