神奈川県水産技術センター メルマガ291

掲載日:2014年1月23日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.291 2009-04-17

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.291 2009-04-17
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○刺されちゃいました・・・  (資源環境部 田島 良博)

○漁港の話 その3  (企画経営部 前川 千尋)

----------------------------------------------------------------

○刺されちゃいました・・・

 私は、東京湾の生物相モニタリング調査を担当しています。この調査では、毎月定点で調査用の底びき網を曳いて、採集された生物を調べています。底びき網での採集なので、魚やエビ、イカ、タコなどいろいろな生物が採れ、中には危険な生物もいます。船上で広げたサンプルを見ると、尾びれに鋭い棘を持ったアカエイや毒のある棘を持つゴンズイなど、危険生物の図鑑でおなじみの顔ぶれが大抵目に付きます。

 その中でも、毎回必ず採れるのがハオコゼ(写真)で、体は小さいのですが、背びれの棘に毒があり、釣りや磯遊びでもお馴染みの要注意生物です。経験者からは、刺されると半日から1日は痛くて何もできないと聞かされていたので、取り扱いには注意していました。

 しかし、1月の調査のとき、とうとうやってしまいました。網を手繰っていたときのことです。ゴム手袋を突き抜けて左手の薬指の腹に「ぷつっ!」という感触。私の経験上、毒のある棘とない棘では刺さったときの痛みの感覚が違います。「まさしく毒ありの棘!」という痛みに、すぐハオコゼの顔が浮かびました。

 犯人の目星はついていたので、何はともあれ毒抜きを!と思い、指の腹をつねるようにして毒抜きを繰り返していること数分、徐々に腫れてくる感じと痺れが来ました。「もしかして今日の私はこれで終わり?」と思いつつ、様子を見ていると、腫れたのは薬指の根元までで、それも1時間ほどでひいてきました。恐れていた事態には至らず、無事にその日は最後まで調査を継続できました。

 ことのほか軽症で済んだのは、刺されてすぐに、毒抜きをしつこいくらいに繰り返したおかげかと思います。症状の出方は個人差が大きいようですが、少しでも体内に入った毒を減らすことで、その後の症状を軽減できると思います。ただし、これは刺した相手によります。また、毒を口で吸い出すのはお勧めできません。毒の量や種類によっては、飲み込んだり、口の中の傷等から再度体内に入る危険があるからです。

 毒に対する対処は、毒の種類よって様々ですから、もしものときに重要なのは、相手が何者なのかという情報です。医師の手当てを受けるときに、この情報があると対処も早くなります。危険な生物については、専門の図鑑やガイドブックなどがありますので、ある程度の知識を持っておくことは必要でしょう。この事件を機に、私も有毒生物について勉強しなおしているところです。

 読者の皆さんも、釣りや磯遊びで危険な生物に遭遇することがあるかと思いますが、何より「危うきに近寄らず」が一番ですから、危ないヤツの顔はよく覚えておいてくださいね。

----------------------------------------------------------------

○漁港の話 その3

 城ヶ島での生活も一年が過ぎました。この一年間は、外部評価委員による試験研究機関評価のための資料づくりや水産技術センター内部の企画調整の仕事を主に担当し、試験研究に直接携わることはありませんでした。二年目に入り、少しずつ試験研究にも取り組みたいと考えています。

 ということで、一年たっても試験研究のことは書けませんので、今回の漁港のことを書きたいと思います。今日は、漁港の種類についてお話しします。漁港の種類については、漁港漁場整備法第5条及び第19条の3に定められています。漁港には、第1種漁港、第2種漁港、第3種漁港、第4種漁港の4種類があります。

 第1種漁港は、比較的規模の小さな漁港で法律上は「その利用範囲が地元の漁業を主とするもの」と定義されています。県下では、藤沢市の片瀬漁港や小田原市の江之浦漁港等、19港あります。主として、沿岸漁業を営む小型漁船主体の漁港と言えるでしょう。

 第2種漁港は、やや規模の大きな漁港で「その利用の範囲が第1種漁港よりも広く、第3種漁港に属さないもの」と定義されています。県下では、三浦半島西岸にある長井漁港、佐島漁港等、4港あります。沿岸漁業の他に沖合漁業の漁船の利用する漁港です。

 第3種漁港は、規模の大きな漁港で「その利用の範囲が全国的なもの」と定義され、県下では小田原漁港です。第3種漁港のうち水産業の振興上特に重要な漁港で政令で定め見たものを特定第3種漁港とされ、三崎漁港がこれに該当します。特定第3種漁港は、三崎漁港を含め全国で13港しかなく、八戸漁港、気仙沼漁港、銚子漁港、焼津漁港など誰でも知っている大きな漁港が含まれています。沖合漁業や遠洋漁業の漁船が利用する漁港です。

第4種漁港は、「離島その他辺地にあって漁場の開発又は漁船の避難上特に必要なもの」と定義されていますが、県下には第4種漁港はありません。以上が法律的な区分ですが、最近は漁港の役割、機能により区分する考え方もあります。従来は、一つの漁港の中で必要とする漁港の機能を全て賄おうという考え方でしたが、より効率的に漁港の整備や利用をするために、漁港毎に果たすべき機能を分けて、役割分担をする考え方があります。

 例えば、漁獲物を水揚げして出荷する機能は、どの漁港で本来もっている機能ですが、最近の高度化する流通に対応するため、水揚げ機能や水産市場の機能を一つに集めて、市場の規模拡大を図るとともにより衛生管理体制の強化を図るための「流通拠点漁港」という考え方も出てきています。神奈川県の場合ですと、三崎漁港、小田原漁港、長井漁港が流通拠点漁港に該当します。それ以外の漁港は、それぞれの流通拠点漁港を補完する機能を持つことになります。

 次回は、漁港の管理についての話をしたいと思います。

付録

全国の漁港の数(平成20年4月1日現在)出典 漁港漁場漁村ポケットブック2008

 第1種漁港 2210港、第2種漁港 496港、第3種漁港 114港(特定第3種漁港も13港を含む)、第4種漁港101港 合計 2921港

 神奈川県の漁港の数(平成20年4月1日現在)第1種漁港 19港、第2種漁港 4港、第3種漁港 2港(特定第3種漁港の三崎漁港も含む) 合計 25港

-------------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(毎週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。