神奈川県水産技術センター メルマガ299

掲載日:2014年1月23日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.299 2009-06-12

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.299 2009-06-12
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○ハダカゾウクラゲ                  (資源環境部     清水 顕太郎)

○全国植樹祭かながわプレ大会2010にて    (水産技術センター所長     長谷川 保)

----------------------------------------------------------------

○ハダカゾウクラゲ

 昨年の話で恐縮ですが、2008年4月下旬、当センター前の海に敷設してある養殖いかだの見回りをしていた職員が「いかだに変なものがいたよ」と言ってその生き物をバケツに入れて持ってきてくれました。  第一印象は「なんだこりゃ?」でしたね。大きさは15・6cmほどでしょうか。クラゲのような半透明の体にゾウの鼻のようなものがついています。だいぶ弱っていましたが、まだ生きていました。話を聞きつけて集まってきた何人かの職員のうちの一人が図鑑を持ってきて調べた結果、この妙な生き物は「ハダカゾウクラゲ」であろうということになりました。このハダカゾウクラゲ、名前に「クラゲ」とついていますが殻のない巻き貝の仲間で黒潮域のような外洋で終生浮遊生活をしているのだそうです。  当センターのホームページに掲載している「関東・東海海況速報」の4月下旬の海況図によれば、この頃黒潮は遠州灘沖に小さな蛇行があり、蛇行の北上部が伊豆半島の沖合にありました。このため、大島の西側から沖合の暖かい水が相模湾内に進入していたようです。このハダカゾウクラゲ君はこれに乗って城ヶ島まで流れ着いたのでしょう。  相模湾は沖合を流れる黒潮の影響を大きく受けます。黒潮は時に相模湾内に急潮を引き起こし、沿岸に敷設してある定置網に被害を与えたりすることもありますが、同時に相模湾の豊かさは黒潮によるところもおおきいのだなぁ・・・と小さな珍客を眺めながら改めて感じたのでした。

 (写真)

  2008年4月下旬の関東・東海海況速報

----------------------------------------------------------------

○全国植樹祭かながわプレ大会2010にて 長谷川保

メルマガの読者の方でご存じの方もおられると思いますが、今年の5月24日(日曜日)に神奈川で「第61回全国植樹祭かながわプレ大会2010」が開催されました。二つの会場で開催されましたが、この内の秦野市にある県立秦野戸川公園の会場に出かけてみました。 当日の朝9時頃、大粒の雨が強く降り、これは大変だと思いましたが、会場に着く頃には、傘をささなくても良い程度となり、少しほっとしました。 この大会は、森林や緑の大切さなどについて国民に広く理解してもらうための大会です。本番の大会(本大会)が来年のこの時期に神奈川で開催され、その大会を盛り上げることもあり、今回、プレ大会が開催されました。 当センターのメルマガで、なぜ全国植樹祭の話?・・・と思われる方もあると思います。少し説明します。 当日、秦野戸川公園の会場には、水産技術センターのブース(テント)があり、「丹沢の渓流などで少なくなっているヤマメやカジカ」の水槽展示、「秦野市内の公園でのブラックバスの駆除活動」、「海の海藻であるカジメ群落などの藻場調査」や「海での稚魚の育成場であるアマモ場造成の取組」などに係わるパネルやアマモの水槽展示を行いました。後半の藻場関係は、「海の森づくり」という意味で関連した展示です。 森が生き生きとしていると、きれいな水が渓流にそそぎ、また、渓流に棲む魚は森などで育った様々な虫などを餌とし、よく育つことになります。 森で清められ、適度に栄養のある水が川から海に流れると、その海の周辺では藻場も育ちやすくなります。山・森、川、海が繋がっているということです。 このようなこともあり全国植樹祭に水産技術センターも参加しておりますが、来年の本大会は、さらに盛大な大会になると思います。 是非、読者の皆様もご参加いただければと考えております。

  大会のことは、こちらをご参照ください

-------------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(毎週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2311

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。