神奈川県水産技術センター メルマガ342

掲載日:2014年1月21日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.342 2010-04-30

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.342 2010-04-30
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○ 「まぐろ漁況速報」の終了     (資源環境部 石井 洋)

○ 内水面試験場のホームページ    (内水面試験場 戸井田 伸一)

----------------------------------------------------------------

○「まぐろ漁況速報」の終了    

 神奈川県の三崎といえば「三崎マグロ」で有名ですが、外貨を稼ぐ輸出品としてマグロを漁獲していた遠洋まぐろはえ縄漁船の主要基地であった三崎漁港に、それら漁船がひしめいていた昭和30年代、本県水産試験場(当時)は、調査船「相模丸」(写真は4代目、総トン数704トン)でインド洋や南アフリカ沖のマグロ漁場開拓調査を実施するなど、遠洋まぐろはえ縄漁業の調査を第一の業務として取り組んでいました。

 そのひとつとして、昭和34年、神奈川県船を主体とした遠洋まぐろはえ縄漁船から、無線による日々の漁況動向の提供を受けて、マグロ漁業を能率的に経営するための情報として「まぐろ漁況速報」の発行を開始しました。これは、最新の漁況動向を緯度経度5度ずつの小海区に図示した、世界中の漁場を網羅したものでした。さらに、昭和38年には水産高等学校の実習船も協力漁船に加わり、多くのマグロ漁業関係者に配布してきました。

 平成に変わっても、100隻を超える遠洋まぐろはえ縄漁船の漁況動向を反映していましたが、漁業経営の悪化や漁獲枠の削減による減船処置により協力漁船が大幅に減少(平成3年:134隻うち本県船57隻 平成21年37隻うち本県船19隻)したこと及び研究課題を沿岸漁業に集中させること等により、今年の4月1日発行号(平成22年3月21日から3月31日操業分)を最後に半世紀以上にわたる歴史に幕を閉じることとなりました。

 同じ頃、クロマグロに関する話題として盛んに報道されたワシントン条約第15回締約国会議第1委員会は、3月18日に大西洋クロマグロの国際取引を禁止する提案を否決し、ひとまず決着しました。まさか、「まぐろ漁況速報」の発行を始めた先輩職員も、クロマグロがパンダやトラのようにワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)付属書1に掲載され、国際取引が禁止となる提案が出されるとは思いもよらなかったと思います。

「まぐろ漁況速報」(詳細がわかるように大きめの画像をのせています)1960年(昭和35年)2月下旬号(ページ上)、2010年(平成22年)3月下旬号(ページ下)

 

----------------------------------------------------------------

○内水面試験場のホームページ

 この4月、9年ぶりに内水面試験場に戻ってきました。内水面試験場の研究テーマは、アユに関する様々なテーマを中心に、希少魚保護等の環境問題にも取り組んでおり、大きく変わっておらず、研究の継続性が保たれているので安心しました。個別に見ていくと、動物用医薬品の規制強化に伴い、アユの孵化管理の手法を改善することを始めとして外来魚対策にも取り組むなど社会情勢の変化にも対応していました。

 また、以前に在籍していた時と同じく、ホームページによる情報提供を担当することになりました。内水面試験場のホームページは、1998年に財団法人 高度映像情報センター(AVCC)による「公共ホームページコンクール」で、「1999 good site賞」に選ばれました。選考理由は、「研究所での専門的な情報が一般向けに発信されていることはとても有益なことである。」ということであり、研究機関の情報が学習教材としても利用できることを評価されたものです。

 内水面試験場には、内水面漁業の振興や教育の現場に貢献できるたくさんの素材があります。これから少しずつ発掘し、県民の皆さんに川や湖の魚達のことをもっと知ってもらいたいと思います。

内水面試験場ホームページ

----------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(隔週金曜日発行)
 本年4月よりメールマガジンは隔週発行としております。
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2312

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。