神奈川県水産技術センター メルマガ349

掲載日:2014年1月21日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.349 2010-08-06

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.348 2010-08-06
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○ 何の卵?    (企画経営部 仲手川 恒)

○ 是非とも顔を拝みたい「サゴシ」    (栽培技術部 沼田 武)

----------------------------------------------------------------

○何の卵?

 三浦の漁業者から、「トイレットペーパーのような長い卵の塊が時々見られるけど、何の卵?」という問い合わせがあり、研究所に持ち帰って調べました。

 外観はうす茶色・半透明の帯状で、幅5センチ、長さは50センチ以上あり、途中で切れているようでした(写真1)。顕微鏡で観察すると卵のようなものが規則正しくギッシリ詰まっている様子がわかりました(写真2)。表面の膜を壊し、さらに拡大して観察すると1つ1つが貝のような形をしていることがわかりました(写真3)

 図鑑で調べると「ヤツシロガイ」(写真4)の卵であることがわかりました。ヤツシロガイは10センチほどの巻き貝で、北海道南部以南の水深10メートルから200メートルの海底に分布し、神奈川県の海でも普通に見られます。食品としてはあまり流通していません。まさか貝の卵とは、想像もつきませんでした。

 

----------------------------------------------------------------

○是非とも顔を拝みたい「サゴシ」

 相模の海には多種多様な魚介類が生息し、これら海の恵みによって多彩な漁業が営まれているとともに、多くの人たちが四季を通じて遊漁を楽しんでいる。

 梅雨明け後の茹だるような猛暑にもめげず、ある日の早朝に愛猫の好物をと葉山の沖へサバ釣りに出かけた。 ところが頼りの鳥山は立たず、イワシの群れはのんびりと泳ぎまわっていて、とてもサバが浮いている状況ではなく、メタルジグで中層から水面まで根気よく探ってみても触りもしない。手ぶらで帰るわけにもいかず、サビキ仕掛で深みを探るとボツボツと喰いついたが、ご相伴にあずかりたいような大物はこない。

 日も高くなり風波も立ち始めたので、これが潮時かと道具を片付けていると、少しはなれたところで曳き釣り漁をしている小型の漁船が、何かを釣り上げているのが目に入った。 近寄って声を掛けると、「今日はサゴシがえらさら口を使ってくれたよう」と、80cmを超える魚体を持ち上げて見せてくれ、「ここいらにまだいるべえ、やってみたらよう。こっちは、入れるところがなくなっちまったからもうしまいだ」と言って帰っていった。

 当方は長い釣歴はあるものの、サワラやサゴシを狙ったことはなく間違って釣れたこともない。是非とも顔を拝みたいし、釣りたての刺身は飛び切り美味いと聞き及んでいるので片付けた竿やリール、メタルジグを取り出し、その周辺を小1時間やってみたが骨折り損のくたびれ儲けで、後ろ髪を引かれつつ陸に上がった。

 翌朝、相変わらず雲ひとつない空模様で、「本日も全国的に猛暑日となるでしょう」との天気予報を聞き流し、今日は何としてでもと勇んで沖に向かったが、沖には鳥山どころかイワシの群れも見当たらない。暗いうちから漁をしていた数隻の漁船も「今日は駄目だ」といって早々に引き揚げ、こちらもまたまた坊主の憂き目に遭った。

 それからというものは本懐を遂げるべく、釣道具屋を覗き込んでは物色し金に糸目をつける身分ながら散財している。

 なお、相模湾内での曳き釣り漁とは、ヒコーキや潜航板と称する漁具を用いて表層や中層を曳き回して魚を狙う漁法であるが、遊漁者がこの漁具・漁法により魚を採捕することは県の規則で禁じられている。また、サゴシとは、成長に伴って呼び名が変わる出世魚であるサワラの若魚で、湾内には春の南下群と夏の北上群が来遊するそうである。

 

----------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(隔週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2312

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。