神奈川県水産技術センター メルマガ405

掲載日:2014年1月18日

神奈川県水産技術センターメルマガ VOL.405 2012-9-28

-- Fish-mag >゜)))< ------------------------
/KN/ 神奈川県水産技術センターメールマガジン  VOL.405 2012-9-28
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□研究員コラム

○ 田んぼとフナ寿司? (内水面試験場 水津敏博)

○「さかなグッズ」コレクション(その23) 未紹介もの4  (企画経営部 亀井 正法)

----------------------------------------------------------------

○ 田んぼとフナ寿司? (内水面試験場 水津敏博)

 9月に滋賀県長浜市で開催された全国湖沼河川養殖研究会に参加しました。この大会は、大正8年(1919年)に第1回目が滋賀県で開催され今年で85回目を迎えます。

 今年の中心課題は「水産生物の生息環境保全と21世紀の内水面-水田等水辺利用による淡水魚資源の回復-」でした。

 水田利用は内水面研究のブームの一つで、大学や各県の試験場から水田を利用した様々な増養殖についての発表がありました。特に開催地の琵琶湖では特産品のフナ寿司の材料となるニゴロブナや冬の味覚の代表であるホンモロコが激減しています。滋賀県からは、水田にこれらの孵化仔魚を収容し飼育して種苗として琵琶湖に放流する技術開発についての発表があり、成長も生残も良好であったとのことでした。

 フナ寿司はニゴロブナとご飯などを漬け込んだ加工品です。田んぼで育ったフナとそこで稔ったお米を材料にすれば、おいしいフナ寿司ができることでしょう。

 このフナ寿司を研究会の懇親会で食べる機会に恵まれました。各テーブルにフナ寿司が出ていましたが、驚いたことにこのフナ寿司は滋賀県水産試験場や水産課の職員の作品でした。滋賀県の水産関係職員は名物のフナ寿司を作れるように指導をされたとのことです。ほどよい酸味、ブルーチーズのような風味、冷酒にピッタリ、どの作品も大変おいしく頂きました。

 私もアユの干物くらいは作りますが、フナ寿司のような手間暇かかる加工品は作れません。フナ寿司を食べながら神奈川県の水産関係職員が必ず作らねばならない加工品はあるかな? と考えてしまいました。

----------------------------------------------------------------

○「さかなグッズ」コレクション(その23) 未紹介もの4  (企画経営部 亀井 正法)

 私が長いことこのコレクションを続けているので、私の周りの皆さんの知るところとなり、コレクションに協力してくださる方、言い換えればご自分で「さかなグッズ」を見つけると買ってきて私にプレゼントしてくれる方が増えました。コレクターにとって大変ありがたい方なんです。ときには私がすでに収集していたものとダブる場合もありますが、それでもありがたく頂いております。

 そのわけは、すでに書いたように私のコレクションは「実用品である」ことが大前提でありますから、使っているうちに陶器類などは割れてしまうし、小物類なら紛失してしまう恐れもあるので、予備としてあってもよいのです。それに、なによりも買ってきてくれた方の気持ちがうれしいではありませんか。

 そんな協力者の一人が私の姪っ子、Rさんです。彼女は会社勤めですから出張あるいは遊びで海外に行くことも多いとのことで、日本には無いユニークなグッズをよく買ってきてくれます。

 つい最近、すごくユニークなグッズが彼女から届きましたので紹介します。それは魚型の巻尺(measure)です。(写真参考)

 魚の口から巻尺が引っ張り出せます。しまう時は魚の胸鰭を押すと巻尺はすべり込むように口の中に戻ります。引っ張り出す時は巻尺の先端がつかみやすいように、しまう時は巻尺すべてが引っ込まないようにと先端部にも小さな魚が付いています。私は今までこんなメジャーを見たことはありません。このアイデアと茶目っ気に感心してしまいました。気に入った一品として大切に使いたいと思っています。

----------------------------------------------------------------

■水技Cメールマガジン(隔週金曜日発行)
■メルマガの配信の変更、解除、ご意見やお問い合わせはこちらのメルマガお問い合わせフォームからお願いいたします。

発行:神奈川県水産技術センター 企画経営部
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島養老子
電話:046(882)2312

-----------------------------------------------------------------

メルマガTOPへ

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。