写真で見る!「黒岩日記」 2020年6月19日

掲載日:2020年6月19日

令和2年6月19日(金曜)県と公益財団法人日本ライフセービング協会との連携と協力に関する包括協定締結式

知事と理事長

 このたび、県は、公益財団法人日本ライフセービング協会との連携と協力に関する包括協定を締結しました。(左は、公益財団法人日本ライフセービング協会理事長)

 (公財)日本ライフセービング協会は、日本のライフセービング界の代表として国際ライフセービング連盟に加盟する唯一の団体であり、国際的な視野から、事故防止に向けた安全教育や監視・救助活動はもとより、防災、防災教育、環境保全等に関する幅広い活動を行ってこられました。

知事アップ

 私からは、子供たちを中心とした水難事故の危険性の教育や、万一の事故に備えた海岸の安全対策等に連携して取り組めることは、大変心強いとお伝えしました。

理事長アップ
 入谷理事長からは、海を訪れる人へのお願いとして「自分で自分の身を守るために、海岸の安全知識を身に着けて欲しい」「譲り合って、お互いがお互いを見守って欲しい」とのコメントがありました。また、今年の夏、海岸の事故ゼロに向けて取り組んでいくとのお話をいただきました。

全体

 今年は、県内全ての海水浴場が開設されないこととなり、例年であれば市町等の開設者が担う安全対策等が実施されません。日本ライフセービング協会の持つ様々なノウハウなどを活用し、地元市町やNPO法人神奈川県ライフセービング協会とも連携しながら、この夏の海岸における安全対策等にしっかりと取り組んでまいります。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa