令和元年台風第15号および第19号の被害に遭われた方に税制上の支援を行っています

掲載日:2019年10月16日

この度の令和元年台風第15号および第19号により被害を受けられた皆様方に、心からお見舞い申し上げます。

災害により被害を受けた場合には、次のような申告・納税等に係る手続等がありますので、状況が落ち着きましたらまずは所管の県税事務所にご相談ください。


申告等の期限、納期限の延長

令和元年台風第15号および第19号により被災された方については、被害の状況に応じて、県税の申告等の期限、納期限を延長できる場合がありますので、所管の県税事務所にご相談ください。

減免・徴収猶予

令和元年台風第15号および第19号により被災された方については、県税の減免や徴収猶予が適用される場合がありますので、所管の県税事務所にご相談ください。

注意:県税の徴収猶予は、税目にかかわらず、被災の状況に応じて適用されます。

県税の減免の例

税目 対象 減免額
個人事業税

災害により事業用資産について損害を受けた場合で、その金額が資産価格の総額の2分の1以上であるとき

税額の4分の1~全額

不動産取得税

(1)災害により取得直後の不動産を滅失または損壊した場合で、被災面積または損害額が不動産の3分の1以上であるとき

税額の10分の5~全額

(2)災害により不動産を滅失または損壊した場合で、代替不動産を取得したとき

注意:(1)により減免されている場合には適用されません。

滅失または損壊した不動産の価格に税率を乗じて得た額
自動車税
(自動車税種別割)

災害により自動車が損害を受け、運行不能の状態になった場合

運行不能の期間に相当する税額

関連情報

県税の減免など

問い合わせ先

所管の県税事務所まで
県税事務所等一覧のページへ

 

このページの先頭へ戻る

県税便利帳トップページへ戻る