ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県のたより4月号


印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月28日更新
さがみロボット産業特区「7つのチカラ」を目指して(2)

チカラその3「聴力1000倍」からは、地震などの災害時に役立つ「がれきに埋もれた被災者を探索するロボット」を紹介します。
このロボットは、建物が倒壊した災害現場で、がれきの中に閉じ込められた生存者をレーダーで探索します。被災者に意識が無いような場合でも呼吸によるわずかな動きを検知する能力をもち、また、救出に必要となる被災者までの距離を測ることもできます。
今後、実証実験を重ね、開発を進めます。

写真:さがみロボット産業特区「チカラその3 がれきに埋もれた被災者を探索するロボット」のポスター
   
イラスト:がれきに埋もれた被災者を探索するロボット(イメージ)
がれきに埋もれた被災者を
探索するロボット(イメージ)

【問合せ】県産業振興課 [電話]045(210)5636[ファックス]045(210)8871
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430080/

このページの先頭へもどる
県のたよりトップページへもどる

神奈川県 県民局 くらし県民部 広報県民課

〒231-8588 横浜市中区日本大通1
[電話]045(210)3662[ファックス]045(210)8834
県のたよりに関する問い合わせフォーム